仕事にまつわる様々な情報を発信しています!

仕事にやりがいを感じない人の7つの特徴とは?

   

希望した仕事に就いているのに、全くやりがいを感じられない、自分には他の仕事のほうが向いているのではないか、そんなふうに考える人もいるでしょう。そこで、仕事にやりがいを感じない人の特徴を簡単にまとめてみましたので、参考にしてください。

- SPONSORED LINK -

1.仕事内容が自分に合っていない

理想を抱いて希望した仕事が、実は思っていたのと違ったり、自分のやりたい仕事ではなかったり。会社名や給料、待遇、条件などを重視して決めた仕事なら、仕事内容が自分に合わないと感じることもあります。

一人で黙々と作業する仕事、チームで意見を出し合って取り組む仕事、人とコミュニケーションをとる仕事、スピードと正確性を求められる仕事、など自分にどんな仕事が合っているのかを理解して仕事を選ぶ必要があります。どんなに環境や人間関係が良くても、仕事内容が合っていなければ仕事にやりがいを感じることはできません。

2.目標がない

仕事に目標がない人はやりがいを感じられないことが多いです。目標を設定することで、どんな方向に向かっていけばいいのかが明確になったり、マンネリ化が解消され仕事が楽しくなったり、仕事がうまくいっていなときには「よし、頑張ろう」とモチベーションをあげてくれたり、さまざまな効果があります。

目標を設定するときは、情報を収集することで目標設定の幅を広め、何を、いつまでに、どうするのかを具体的に設定します。目標を設定したら、達成するためにどうすればいいのか、細かいプロセスを考え実行に移していきます。目標は大きいほうがいいのですが、明らかに無理だと思われる目標はやめて現実味のあるものを設定しましょう。

3.私生活が充実していない

私生活が充実していない人ほど、仕事にやりがいを感じないことが多いです。私生活が充実している人は、恋人がいたり、家族がいたりと幸せな時間を過ごしています。パートナーがいなくても、没頭できる趣味があったり、オフの日にドライブや釣りなどの楽しみがあります。

このようにプライベートが充実している分、仕事に対して一生懸命になれます。仕事以外で楽しく過ごせれば、仕事に臨む姿勢も自然と変わってきます。仕事で嫌なことがあっても充実したプライベートがあれば乗り越えられることもあるのです。

4.消極的である

考え方がネガティブな人は、何をしていても消極的感情を抱いてしまいます。こんな自分だから、この仕事を任されたのだろうとネガティブに考えてしまい、そんな人はどんな仕事をしてもやりがいを感じることはありません。ネガティブ思考の人は物事をシンプルに考えるのではなく、複雑に考えすぎる傾向にあります。

しかし、ネガティブな考え方が全て悪いのか、というとそうではなく、慎重で思慮深い、無茶な行動には出ないと言ったメリットもあります。そういったメリットを生かした仕事に就くことでやりがいを感じるようになるかもしれません。

5.飽き性である

飽き性の人の特徴としては、最初は仕事が楽しいと感じて取り組んでいる方が多い一方で、やりがいがあると思っていた仕事でも、しばらくすると飽きてしまってやる気が失せてしまう傾向にあるようです。

ただ、飽き性はデメリットではなくメリットとして考えることができます。気持ちの切り替えが早い、ひきずらない、ひとつのことに固執しない、好奇心が旺盛である、これらをうまく利用しましょう。新しいアイデアを常に提案したり、いろんなことの知識が豊富に得られたり、多くの仕事を一度に処理したり、工夫次第で飽き性は仕事をする上でメリットになります。

6.自分を過信している

自分にはもっとすごいことができるのに、と与えられた仕事を誰にでもできる仕事であると勝手に解釈してしまいます。こんなことをするためにこの仕事を選んだのではない、自分の実力が発揮できるどこか違う部署へ異動したい、自分に自信があり過ぎる人に多い特徴です。

あなたの実力に見合った仕事は、あなたが決めるのではなく、周囲や上司が決めるものです。実力があって人としてのあなたの中身が評価されなければ認められません。仕事ができるアピールも重要ですが、どんな仕事にも一生懸命に取り組む謙虚な気持ちでいることも大切です。

7.視野が狭い

自分の仕事にやりがいを感じられないということは、その仕事がたいした重要ではないと考えているからです。自分のしていることが一体何の意味があるのだろう・・・と。自分のしている仕事だけを見るのではなく、もっと視野を広くしてみましょう。

あなたが働いている会社は社会に貢献しています。その会社であなたは仕事を任されているわけですから、あなたも社会に貢献しているのです。人の役に立つ仕事をあなたはしています。会社が社会に貢献するために、あなたの仕事は必要とされているのです。そう考えると自然とやりがいがでてくるのではないでしょうか。

おわりに

いかがでしたか?仕事にやりがいを感じない人の特徴について7つ紹介させていただきました。
どんなタイプの人でも工夫次第で今の仕事にやりがいを感じるようになりますし、また自分の特徴を生かした職業に就けば、今よりはやりがいを感じるようになるかもしれません。仕事でやりがいを感じられると今よりもっと人生が楽しく感じられますし、スキルアップも期待できます。

もし今の会社に将来の価値を見い出せないのなら・・・

仕事内容が合わない、会社の給料・待遇が不満、職場の人間関係が悪い、仕事のスキルアップを図りたいなど、何らかの理由で今の職場で働く事に限界を感じているのなら、今のうちから仕事を変えてみるのも一つの手です。

新感覚転職サイト「ミイダス」

ミイダスは自分の職歴やスキルなど診断に沿ってチェックしていくだけで、今のアナタの評価や立ち位置、また転職後の平均年収や職業などアナタの市場価値を知ることが出来ます。また診断のデータを元に、アナタを必要としている企業を知ることもできます。さらには面接確約にて逆オファー求人が届くのも魅力です。その他にも転職するベストな時期や、どんなキャリアの人がどんな仕事に、どれくらいの年収で転職をしたのか、なども知ることができます。

>>自分の市場価値を無料診断!

大手転職サイト「リクルートエージェント」

リクルートエージェントは、業界トップクラスの転職支援サービスです。専門のアドバイザーがアナタの条件やスキルに合った求人を紹介してくれるだけでなく、面接力向上セミナーや履歴書・職務経歴書の添削もしてくれます。そのため転職成功率も高く、本気で転職を考えている方にピッタリの転職サイトと言えます。公に公表されていない求人が多数ありますので、今より満足できる転職先が見つかるはずです。

>>非公開求人を見るならコチラ

- SPONSORED LINK -

 - 作業スキル・能力