仕事にまつわる様々な情報を発信しています!

職場で良好な人間関係を築いていく為の5つの方法とは

   

仕事が辛いと思う瞬間とは「仕事が大変だから」という理由よりも、大抵が「職場の人間関係」が良好でない時に仕事へ行くのが嫌になったり、辛いと感じる方が多いのではないでしょうか。では、その職場で良好な人間関係を築いていく為には、一体どうすればいいのでしょうか?ここでいくつかの方法をご紹介したいと思います。

- SPONSORED LINK -

挨拶をしっかりする

これはどんな状況においてもそうでしょうが、まず基本は挨拶からです。入社したばかりの職場になかなか馴染めない、どうにも今の部署の人達としっくりいかないなど、職場が居心地の悪い場合、仕事に行く足取りが重くなるといった事もあるでしょう。

このような場合、まず自分から挨拶をする事から始めるといのはとても大切な事となってきます。挨拶一つで直ぐに状況が改善されると言うわけではないでしょうが、必ずじわじわと効果が出てくるはずです。

自分で限界の壁を作らない

これは職場の人間関係においてもそうですが、まず仕事において自分で自分の限界の壁を作らないという事です。時々、直ぐに「え、こんなにたくさんの仕事はこなせない」とか「まだやった事がない仕事なんで自分には無理だ」と簡単に限界の壁を作ってしまう人がいます。この行為は仕事への壁を作るだけでなく、実は人間関係の壁をも同時に作ってしまっているのです。

上司から難しい仕事、新しい仕事を指示されても、簡単に拒否する事で上司への不信感を買ってしまいます。拒否しなかったとしても、心の中で「どうせ無理だし」と思っていたら、上司の話しのほとんどが耳に入ってこなくなるからです。又、同僚から「手がいっぱいだし仕事を手伝って欲しい」と頼まれても、自分に無理そうな仕事だと、簡単に断ったり、嫌そうな態度を示せば、そこでその人との壁ができてしまうのです。

やってみた結果無理だったとしても、やりもしない内から「自分には無理だ」と仕事への壁を作っているようでは職場の人間関係を良くする事は出来ないでしょう。仕事に対してどこまでも喰らいついていく意気込みこそ、職場の人間関係を良好なものへと変化させてくれるはずです。

チームワークを意識する

完全なる個人経営なら話しは変わってくるかもしれませんが、ほとんどの職場は複数の人間によって成り立っています。チームやペアで仕事を進めるような職場でなかったとしても、常に仕事はチームワークで行われているという事をしっかり認識する事はとても重要です。

時々個人プレイでドンドン仕事を進めてしまうような人がいますが、周りの状況を全く見ない、上司への報告もしない、部下の面倒もみない、完全に自分が思うがままに仕事を進め、それに満足しきっているナルシストな人です。このような人は本人は満足しているかもしれませんが、職場全体から考えると、その人に関わる仕事がスムーズに進んでいるとは言えないのが現実なのです。周りは多大なる迷惑を被るわけですから、それは人間関係に支障を来たすでしょう。

完全なる個人経営は別と言いましたが、完全なる個人経営でも、取引先の相手や関連業者など、完全に1人ではありません。人は生きている限り必ず人と関わる運命であるのと同じで、仕事をする以上、1人で完結できるわけがないのです。

その事をしっかり意識せず個人プレイを押し進めれば、職場の人間関係はギクシャクし、仕事がしづらくなるのは目に見えています。「仕事は自分だけで出来るものではなく、周りと協力して進めるもの」という意識をしっかり持つ事が大切と言えます。

公私混同しない

どうしても苦手な人というのは多かれ少なかれいると思います。何となく話しが噛み合わないというレベルから、話し方、咳払いの仕方などちょっとした所が生理的に受け付けないというレベルまで様々でしょう。このように自分が苦手と感じるタイプの人が職場内にいたら、とても苦痛だと思います。

ですが、仕事というのは何と言っても「公」の部分であり、「私」の部分ではないのです。嫌いだから無視する、苦手だから避けるといった方法が許される場ではありません。全く関係の無い部署とかならそれでも構わないかもしれませんが、同じ部署であったり、同じ仕事を一緒にする間柄であれば、相談したり報告したりとコミュニケーションが必要になるからです。

そのような場合には、「これは公の人間関係だから仕方が無い」と自分に言い聞かす事が大切でしょう。つまり、「苦手な人でも避けずにコミュニケーションを図るのも仕事の1つ」という事なのです。このように表面的には距離を置きませんが、その一方で、心の中では距離を置く事で自分の心のバランスを保つのです。

仕事の円滑な流れの為にコミュニケーションは怠らないが、だからと言って、その人にプライベートな心まで開く必要はないのです。仕事だからと言って全てに屈していては自分が壊れてしまいます。

弱い人に優しく、強い人には強く

優しい人、弱い人には優しく、丁寧に接する事で職場の人間関係も良くなるでしょう。でも、強く出る人には時として強く出る勇気が求められるでしょう。複数の人間が集まる職場ですから、一癖二癖あるようなややこしい人もいないではないでしょう。

陰口を叩いてきたり、仲間外れにしてきたり、嫌がらせをしてきたりと、幼稚な事をしてくる人に遭遇してしまう事もあるかもしれません。直ぐに事を大きくするのは得策ではないでしょうが、あまりにも酷いようなら、毅然とした態度で出る事も必要です。

そのような幼稚な事をしでかす人というのは、結局はとても弱い人間なのです。本当に強い人というのはそんな幼稚な事を、まして職場でしたりはしないでしょう。いつまでも黙っていたら、「この人は何をしても怒らないんだ」と馬鹿にしてきて、更に陰湿な事をしてきかねません。

でもこのような弱い人は、毅然とした態度で強く出たら、いとも簡単に翻るでしょう。たとえ職場という場であっても、「ここぞ」と思ったタイミングが来たら、しっかり「迷惑だ」「怒っている」といった意思表示を示しましょう。いつ何時でも泣き寝入りをしていては改善するものも改善しません。

おわりに

職場で仕事をしている社会人にとって職場は1日の大半を過ごす場所でしょう。その職場の人間関係がギクシャクしていると精神的にとても辛いでしょうし、仕事も上手くはかどらなくなるでしょう。そんな状況を回避する為にも、ちょっとした工夫と努力をして職場の人間関係の改善に努めてみて下さい。

もし今の会社に将来の価値を見い出せないのなら・・・

仕事内容が合わない、会社の給料・待遇が不満、職場の人間関係が悪い、仕事のスキルアップを図りたいなど、何らかの理由で今の職場で働く事に限界を感じているのなら、今のうちから仕事を変えてみるのも一つの手です。

新感覚転職サイト「ミイダス」

ミイダスは自分の職歴やスキルなど診断に沿ってチェックしていくだけで、今のアナタの評価や立ち位置、また転職後の平均年収や職業などアナタの市場価値を知ることが出来ます。また診断のデータを元に、アナタを必要としている企業を知ることもできます。さらには面接確約にて逆オファー求人が届くのも魅力です。その他にも転職するベストな時期や、どんなキャリアの人がどんな仕事に、どれくらいの年収で転職をしたのか、なども知ることができます。

>>自分の市場価値を無料診断!

大手転職サイト「リクルートエージェント」

リクルートエージェントは、業界トップクラスの転職支援サービスです。専門のアドバイザーがアナタの条件やスキルに合った求人を紹介してくれるだけでなく、面接力向上セミナーや履歴書・職務経歴書の添削もしてくれます。そのため転職成功率も高く、本気で転職を考えている方にピッタリの転職サイトと言えます。公に公表されていない求人が多数ありますので、今より満足できる転職先が見つかるはずです。

>>非公開求人を見るならコチラ

- SPONSORED LINK -

 - 人間関係