仕事にまつわる様々な情報を発信しています!

もう限界!ストレスで仕事に行きたくないと感じたら

   

昨今では仕事に行きたくないという思いが湧き上がる方が多くなってきています。怠けたいからだと思われるかもしれませんが、実はこれ心を守る防衛本能の場合も起こりえます。何故防衛本能が働くのか今回はその理由の一部と対処方法を説明していこうと思います。

- SPONSORED LINK -

仕事に行きたくないと思う理由とは?

思ってた仕事と違う場合

理想と現実の違いともいえます。仕事に対して金銭を稼ぐ所と割り切れる方なら問題はありませんが、仕事の良い面を見て就職先を決めると、この問題にぶつかる場合があります。仕事を実際にしている方なら分かるかと思いますが、どんな仕事でも何かしらの苦労があります。

入社する前は大体会社の良いところばかりがクローズアップされている場合が多く、会社のマイナス面は見せない場合があります。その為、入社後にこのマイナス面に耐え切れず、実際に仕事を辞める人は多くいます。

職場環境が悪い場合

次に仕事上で発生する以外に、会社側の体制か内部で生じるものもあります。この問題の代表例は人間関係などの職場環境でしょう。人間関係の場合精神的なダメージが積み重なり、それを苦に思い仕事に行きたくないと思うようになります。閉鎖的な職場環境なら尚更です。職場環境の場合は上司の管理不足が原因ともいえます。

本人の許容量以上の仕事割り振られ、一部の人だけ仕事量が増えます。この問題は少ないようで実際よく見かけられます。この問題の場合タチの悪いことに上司がそうしている事が多いのです。職場での人間関係構築は非常に神経を遣いますし、職場環境なら身体的にも精神的にも疲労が溜まります。何よりこれらは酷くなればそれが原因で精神疾患を患うという点でしょう。

こういった会社の特徴として、人の入れ替わりが激しい傾向にあります。実際仕事探しをされる方の中には、そういった会社はあえて避けています。会社側に何か問題がある可能性が高いからです。会社側は自社のプラス面しか見せようとはせず、マイナス面はあえてみせません。

人間関係・職場環境の対処法

一見すると人間関係を良好にすることは難しいと思われるかもしれませんが、本人の努力次第ではそれが可能です。聞き上手になることが一番の近道かもしれません。相手から話題を振られたのならそれに対して適切な相槌を打ちます。この相槌には時に自分の考えを含めて打つと効果的といえるでしょう。相手の話題が尽きたなら自分から話題を振っても良いでしょう。

話題選びはその人に興味を持って貰えるものを選ぶと良いと思います。誰でも自分の話を真摯に聞いてくれる人には好感をもてます。この時、気をつけて欲しいのが相手の話を遮らないことです。話している途中で話題を断ち切られると話を聞いてもらえずに相手の気分を害してしまう場合があります。

この点を踏まえるなら相手のことを考えながら言葉を選ぶことも大切な要素と気付けます。言葉を選ぶのは大変難しいことですが、これは少しずつ訓練していけば徐々に出来るようになります。ポイントとして会話をする時、この言葉を相手はどう考えるのだろうかと想像すると良いと思います。

もう一つの手段が良い意味で図太くなることです。仕事は金銭を稼ぐ手段だと図太く割り切れるなら仕事をすることはできます。決して、悪い意味での図太くあってはいけません。職場環境の場合は、自分の考えを主張することが重要な要素といえます。

自分の仕事契約以上の仕事をするように上司に言われた際、これは自分の管轄外の仕事ですとはっきりと意思表示した方もおられます。勇気ある発言のように見えますが、これは当然の権利ともいえるでしょう。自分が交わした仕事契約に入っていない仕事を任せられたならそれを断る権利も私達には当然あるからです。

企業側によってはこれが当然だというかもしれませんが、許容量以上の仕事させられているのなら実際にはそちらの方がおかしいという点をキチンと認識して貰って下さい。それが原因で辞めさせられたのならその会社がおかしいのです。仕事で必要以上に我慢した結果、過労死したケースは多くあるので、自分の体と命を守るため上に意思表示することは大切です。

ストレスに耐え切れなくなったら

その名の通り最終手段です。仕事でのストレスに耐え切れない場合、上に報告したのに状況が改善されない場合の最終手段は辞職です。人間関係の場合は個人的理由とも言えますが、職場環境のせいならそれは会社側の責任です。この時、辞職届を貰うと思いますがその時は辞職理由をキチンと確認して下さい。

企業側は自社が悪く見られないように隠蔽工作をすることが多々あります。実際、退職届に記載されている退職理由が明らかに捏造されている場合があるからです。フィクションではなく、実際に多く行われているので皆さんもお気をつけ下さい。

おわりに

今回あげたのは極端な例ですが、不景気の影響によりこういった企業は増えてきています。皆さんもこういった事態に遭遇したなら我慢しないことをお勧めします。

我慢した結果、過労死・精神疾患ならそれはあなたの人生に大いなる影響を与えるからです。仕事をする上で我慢することは大切ですが、度の超えた仕事を割り振られたのならそれに対する権利を主張はすべきだと思います。

もし今の会社に将来の価値を見い出せないのなら・・・

仕事内容が合わない、会社の給料・待遇が不満、職場の人間関係が悪い、仕事のスキルアップを図りたいなど、何らかの理由で今の職場で働く事に限界を感じているのなら、今のうちから仕事を変えてみるのも一つの手です。

新感覚転職サイト「ミイダス」

ミイダスは自分の職歴やスキルなど診断に沿ってチェックしていくだけで、今のアナタの評価や立ち位置、また転職後の平均年収や職業などアナタの市場価値を知ることが出来ます。また診断のデータを元に、アナタを必要としている企業を知ることもできます。さらには面接確約にて逆オファー求人が届くのも魅力です。その他にも転職するベストな時期や、どんなキャリアの人がどんな仕事に、どれくらいの年収で転職をしたのか、なども知ることができます。

>>自分の市場価値を無料診断!

大手転職サイト「リクルートエージェント」

リクルートエージェントは、業界トップクラスの転職支援サービスです。専門のアドバイザーがアナタの条件やスキルに合った求人を紹介してくれるだけでなく、面接力向上セミナーや履歴書・職務経歴書の添削もしてくれます。そのため転職成功率も高く、本気で転職を考えている方にピッタリの転職サイトと言えます。公に公表されていない求人が多数ありますので、今より満足できる転職先が見つかるはずです。

>>非公開求人を見るならコチラ

- SPONSORED LINK -

 - 心理・精神