仕事にまつわる様々な情報を発信しています!

辞めるのは勿体無い!入社半年で仕事を辞めたい思ったら

      2016/01/08

入社半年で仕事を辞めたいと思う若者が増えてきています。少し前までは大卒入社の3割が3年以内に辞めるといった統計が出ていましたが、近年3年ではなく半年程で辞める人が増加傾向にあると言えます。ここ10年程は就職戦線も非常に厳しく必死で就職活動をして苦労して入社した会社を何故簡単に辞めてしまう人が増えているのか?その原因と、半年で辞めるのは非常に勿体無いという理由を紹介していきます。入社して半年で仕事を辞めてしまう前にきちんと先のことを考えて欲しいのです。

- SPONSORED LINK -

驚きの事実!約3割が入社半年以内に仕事を辞めている

新卒採用で入社した人の3割が実際に3年以内に辞めているのですが、近年は辞めるまでの期間が短くなっているのが特徴です。多くの人が半年程で退職をしているのですが、慣れない環境、初社会人はつらいのは当たり前のことです。これまではずっと学生として生活していたのと比較すると誰だって社会人として仕事をする方が嫌なことが多いし、自分の思い通りにならないことばかりです。

辞める理由として多いのが、理想と現実のギャップだったり、激務についていけない、人間関係に躓いてしまった、あとは就職活動に頑張り過ぎて燃え尽き症候群となってしまったというケースが意外と多いと言えます。特に近年はゆとりの世代と言われる人が成人し入社をしてきたのですが、ゆとりの世代は学生時代は競争を避ける傾向がありまた忍耐力が低下しているので壁にぶち当たった時にそれを避ける為に仕事を辞めることを選んでしまうのです。

新卒採用は人生で1度だけ

ですが新卒採用というのは当然人生の中でたった一度きりしかありません。さらに転職しようにもたった半年で辞めたら、その理由は必ず聞かれますし相手にいい印象を与える筈がありません。半年では経験として認められないので中途採用の枠で争うのは非常に困難だと言えます。つまり半年で辞めた場合は社員での転職は正直難しくなると云うことを覚えておいてください。

今は派遣という働き方もありますが、派遣はボーナスも退職金もないので社員とは生涯年収が全く違います。あまりの激務で身体を壊した、うつ病を発症した、他にどうしてもやりたい仕事を見つけたという場合を除いては半年で辞めることは賢い選択肢だとは言えません。

特にここ10年から20年程は景気が悪く派遣での仕事も割りのいい仕事はかなり減ってしまっています。何か資格があり自分の時間を大事にしたいという拘りがあるのならともかく、どちらにしろ生活をする為には仕事をしないといけないのなら出来るなら社員で働くことが最も効率よく稼ぐ為の手段だと言えます。社員として働きたくても働けない人もいるのですから、自分から社員という立場を手放してしまう場合はしっかり考え抜いた上で辞めるようにしましょう。

それでも転職したいと考えているなら、こちらの転職サイトで転職診断してみてはいかがでしょうか?

やりがいは4年目以降から

石の上にも3年という言葉があります。仕事の場合もそれは同じで自分がその仕事に向いているかどうか判断するには3年くらいは必用だということが出来るのです。それにもし向いていないと判断した場合でも会社を辞めるのではなく部署や仕事内容を変更できないかどうか人事の人に確認してみることをオススメします。

それに4年目以降は仕事の範囲が広がり、任せてもらえる仕事が増えてきます。それに自分の采配で行うことが出来る仕事も出てきますし、そうなれば自分のペースで仕事が出来るようになります。また責任が増えて、それがやりがいに繋がるケースもあるのです。

それに4年目ともなると人間関係もある程度慣れてきますし、社会人になれば苦手な相手ともそれなりにやっていく必用があるというのも理解できるようになり、付き合い方も分かってきます。またコツコツ努力したことが実るのもそれくらいからだと言えますし、結婚して家庭を持てば仕事を辞めたいなんて思っても実行することは出来なくなります。

入社して半年程で仕事を辞めたいというのは自分ひとりの身軽な生活だから出来ることで、養わないといけない子供がいればどんな仕事だって必死にやろうと思えるものです。

辞めることはいつだって出来るのですから、人生の中で3年くらいは只管我慢して仕事を覚えることに費やしてみて欲しいと思います。3年努力してそれでもやはり辞めたいのであればその時は辞めるのも1つの手ですし、3年社員として働いていたらそれは経験として次の職にも活かすことが出来ます。

おわりに

仕事というのは人生の中でも長い時間を費やすものなので、自分に合わない仕事、やりたくない仕事を無理に続ける必要は無いと思いますが、たった半年足らずではその仕事が本当に自分には不向きなのかどうか判断するには早すぎるのではないでしょうか。

新卒で採用されるのは人生で1度きりですし、次も社員で採用される保証はどこにもないのです。社員と派遣とでは条件が全然違ってきますし、生涯年収などは比較するまでもなく全く異なります。そのため衝動的に仕事を辞めずによく考えてから行動をおこすようにしましょう。

もし今の会社に将来の価値を見い出せないのなら・・・

仕事内容が合わない、会社の給料・待遇が不満、職場の人間関係が悪い、仕事のスキルアップを図りたいなど、何らかの理由で今の職場で働く事に限界を感じているのなら、今のうちから仕事を変えてみるのも一つの手です。

新感覚転職サイト「ミイダス」

ミイダスは自分の職歴やスキルなど診断に沿ってチェックしていくだけで、今のアナタの評価や立ち位置、また転職後の平均年収や職業などアナタの市場価値を知ることが出来ます。また診断のデータを元に、アナタを必要としている企業を知ることもできます。さらには面接確約にて逆オファー求人が届くのも魅力です。その他にも転職するベストな時期や、どんなキャリアの人がどんな仕事に、どれくらいの年収で転職をしたのか、なども知ることができます。

>>自分の市場価値を無料診断!

大手転職サイト「リクルートエージェント」

リクルートエージェントは、業界トップクラスの転職支援サービスです。専門のアドバイザーがアナタの条件やスキルに合った求人を紹介してくれるだけでなく、面接力向上セミナーや履歴書・職務経歴書の添削もしてくれます。そのため転職成功率も高く、本気で転職を考えている方にピッタリの転職サイトと言えます。公に公表されていない求人が多数ありますので、今より満足できる転職先が見つかるはずです。

>>非公開求人を見るならコチラ

- SPONSORED LINK -

 - 心理・精神