仕事にまつわる様々な情報を発信しています!

就職・転職を考えてる方必見!辛い職業ランキングTOP5

   

世の中にはいろいろな種類の仕事がありますが、どうせ働くなら辛い職業は避けて長続きできるようなところで勤めたいものです。そこで仕事探しに失敗するリスクを減らすために、世間一般で思われている辛い職業のランキング、ベスト5について紹介します。

- SPONSORED LINK -

1.営業職、保険のセールスレディ

辛い職業のランキングのトップは、女性が多く活躍している生命保険のセールスの仕事です。ノルマがあることに加えて、今かけている保険をやめて新しい保険に変えることを無理強いさせるようなものなので、相当など努力は覚悟が必要です。そしてこの保険は絶対に顧客にとっては将来良いものであるという確信と信念がなければつとまりません。

ただノルマを達成したいとか、朝礼でみんなの前で称賛を受けたいという利己的な考え方ではすぐに顧客に見抜かれてしまいます。また、契約をしてくれそうな顧客に対しては何度も電話をするなりしてアポイントを取らなければならないので、本当に労力も必要とします。

そしてノルマの達成をしなければならず、それができないと朝の朝礼でみんなの前で叱責を受けます。挙句の果てには解雇という最悪の事態にも陥り、それが非常にプレッシャーとなって大きくのしかかってストレスとなります。

勤務時間は表面上は9時から17時までが多いですが、実質的には本当に夜遅くまで歩きまわることも多いです。とにかくノルマを達成しなければならないので、顧客を得るために精力的に歩き回らなければならず、非常にストレスが多い仕事であることには違いありません。

2.飲食業、レストラン

体力的、精神的にも辛い

次に辛い職業のランキングは飲食業関係です。立ち仕事でサービス業でお客さん相手なので、全般的に肉体的にも精神的にもきついですが、特にレストランはその傾向が顕著です。そして周りに常に気を配りながら臨機応変に動かなければならず、自分から気を利かせて仕事を見つけなければなりません。とにかく動き回るので多大な体力が要求されます。

そして料理をお客さんのところに持っていく事においては本当に体力的にも精神的にも疲弊します。とにかく料理を落とさないように全神経を集中させなければなりません。そして料理にしてもかなりの重量の物もあるので、重たくて体力的にもきついです。それにオーダーを間違えるとお客さんから叱責を受けます。

一般の人と勤務時間が異なる

夜遅い時間帯や土日祝日に人が必要なことから、一般の人は勤務時間が異なり、友人との約束もなかなかやりづらく、習い事にしても時間帯がなかなか合わないことも多いです。また、家族とのコミュニケーションもとりづらいです。このことから飲食店関係は精神的にも肉体的にも辛いだけでなく、時間的な面においても拘束が大きいです。

3.配達関係、朝刊の配達

体力的にきつい

3番目に辛い職業のランキングは配達関係です。配達関係の仕事はメール便や新聞などといろいろありますが、特に朝刊の配達は一般の人が眠っている時間帯に起きて新聞を配るだけでも大仕事です。そして暑さ、寒さ、天候などと外的要因にも大きく左右されます。台風や大雪の日でも休むことができません。

特に冬の寒い時期に夜中に出ていくことは本当につらくて勇気がいります。朝刊なので休みも月に1回程度です。それに暗い時間外でバイクを使用するので、事故などといろいろな身の危険のリスクもあります。

休みがとりづらい

また、配達する区域が担当ごとに振り分けられているので、普通のアルバイトのように休みはとりづらいです。普通のアルバイトならば、代わりの人を見つけることはさほど困難ではないが、新聞配達の場合はそれがなかなかできないので、日ごろから健康管理に気を付けて体調を整えておくことが大切です。身体が丈夫で体力に自信がある人でないとなかなか続かないです。

4.スーパー関係、早朝の品出し

4番目に辛い職業のランキングはスーパーの早朝の品出しです。開店に間に合うように商品を並べなければなりません。迅速さに加えてお客さんに良い印象を与えるために、見た目のことも考えて丁寧さも要求されます。とにかく開店まで時間が限られているので、周りの従業員の人も心の余裕がなく、時と場合によっては怒鳴られることもたびたびあります。

そして常に気を利かせて自分から仕事を見つける必要があります。常に監視されている雰囲気なので精神的にも休まる暇もありません。いつ怒鳴られるのかといつもびくびくしながら、周りの人たちの顔色を伺いながら仕事をする必要があることから、ただひたすら忍耐するのみです。

5.事務職、一般事務

5番目に辛い職業のランキングは事務関係です。座って仕事をすることができるので一見楽そうにみえるが、精神的にはとてもきついです。電話応対やクレーム処理などとするべきことが多岐にわたります。電話応対をはじめ、お客さんに聞かれてもすぐに答えることができるように、その会社についての多大な知識が求められます。そしてクレーム処理においても迅速かつ効率よく行わなければなりません。

また、上司と机を並べて仕事をするので、精神的なストレスはかなりのものです。座ってできる仕事なので肉体的な面や体力的な面では楽ですが、精神的疲労はハンパではありません。

おわりに

以上、世間一般でよくいわれている辛い職業のランキングベスト5について述べてきました。もちろん個人差もあり、そのような辛い職業でも人によっては楽だと思われる方もおられるかもしれません。また、それら以上に辛くてしんどい職業もあるかもしれません。何がともあれ、各自が適性をきちんと把握して職業選びに励むことです。

もし今の会社に将来の価値を見い出せないのなら・・・

仕事内容が合わない、会社の給料・待遇が不満、職場の人間関係が悪い、仕事のスキルアップを図りたいなど、何らかの理由で今の職場で働く事に限界を感じているのなら、今のうちから仕事を変えてみるのも一つの手です。

新感覚転職サイト「ミイダス」

ミイダスは自分の職歴やスキルなど診断に沿ってチェックしていくだけで、今のアナタの評価や立ち位置、また転職後の平均年収や職業などアナタの市場価値を知ることが出来ます。また診断のデータを元に、アナタを必要としている企業を知ることもできます。さらには面接確約にて逆オファー求人が届くのも魅力です。その他にも転職するベストな時期や、どんなキャリアの人がどんな仕事に、どれくらいの年収で転職をしたのか、なども知ることができます。

>>自分の市場価値を無料診断!

大手転職サイト「リクルートエージェント」

リクルートエージェントは、業界トップクラスの転職支援サービスです。専門のアドバイザーがアナタの条件やスキルに合った求人を紹介してくれるだけでなく、面接力向上セミナーや履歴書・職務経歴書の添削もしてくれます。そのため転職成功率も高く、本気で転職を考えている方にピッタリの転職サイトと言えます。公に公表されていない求人が多数ありますので、今より満足できる転職先が見つかるはずです。

>>非公開求人を見るならコチラ

- SPONSORED LINK -

 - 業種・職種について