仕事にまつわる様々な情報を発信しています!

そろそろ転職する?ベストなタイミングと時期について

      2015/10/12

日々仕事をしていると、転職を考えることもあるでしょう。キャリアアップを図りたくなった時期や、現在の職場環境に我慢できなくなった時期は、転職するタイミングと言えます。ただその場合でも、転職市場が活性化して求人数が増えている時期を狙う方が、転職はうまく行く可能性が高まります。では早速、転職に適したタイミングや時期について話していきたいと思います。

- SPONSORED LINK -

転職を考えるタイミングとは?

キャリアアップを図りたくなった時

仕事をしていて、さらにキャリアアップを図りたくなったら、転職を考える1つの時期です。例えば、中小企業で財務を担当していたとします。財務が面白くてやりがいを感じるので、職種自体は変える気はないものの、より大規模な企業で力を試したいと思うこともあるでしょう。

そうなると、企業規模を自力で変えることはできないので、大企業に転職するしかなくなります。あるいは、企業の内部で人事担当をしていたとしましょう。そこで採用・教育・評価など、人事関連業務を一通り経験すれば、人事のプロになれるでしょう。しかし、企業の内部にとどまって仕事をするより、もっと外に出て顧客と直に接したいと思うかもしれません。仮に社内で営業部門に配属してもらえないなら、転職して営業職になることを目指すしかなくなります。

このように、職種は変わらず企業規模を変えたい、職種自体を変えたいなど、何らかの理由でキャリアアップを図りたくなる場合があります。それが自社で達成できないとわかった時は、転職を考えるタイミングと言えるでしょう。なおその希望を優先するために、給与などの労働条件が下がることも覚悟しておかなければなりません。

現在の職場環境に耐えられない時

仕事をしていて、厳しい労働環境に耐えられなくなった場合も、転職を考える時期と言えます。例えば、深夜までのサービス残業や休日出勤など、長時間労働が社風として定着しているケースはよくあります。

その結果、心身ともに疲弊し切って、仕事でミスを起こすようになり、医師からも休むよう勧められたら、かなり危険な状態です。会社に改善を求めても変わらないなら、もはや自分が転職するしかありません。他にも、上司のパワハラやセクハラに我慢ができず、会社に相談しても改めてもらえない場合もあるでしょう。そうしたハラスメントでなくても、複雑な人間関係に悩み、仕事に支障が出る場合もあります。

いずれにせよ、労働環境に問題があり、我慢の限界に達したら、それ以上会社に居続けることは自分にも会社にもよくないでしょう。そうなったら、思い切って転職して問題を解決するしかありません。ただこうした労働環境の問題は、多かれ少なかれどの会社にもあり得ることです。よって、転職先の労働環境がどうなのか、出来る限り事前に把握しておく必要はあります。

転職市場が活性化して求人数が増加している時期とは

上記のように、前向きな場合であれやむを得ない場合であれ、現在の職場では限界があると感じた時が、転職を考える時期としては最適です。ただ転職は、そうした自分の都合だけでは成功せず、求人を出す企業の側が募集をかけて初めて成り立つものです。よって、転職市場が活性化して、企業が求人を多数出している時期の方が、転職はうまく行きます。

例えば、リーマンショックの時のように、景気が非常に悪化して企業がリストラを迫られている場合は、新規の求人を出す余裕はありません。逆に景気が拡大している時期には、企業も人手不足になるので、求人を増やします。また景気動向だけでなく、業界ごとの事情や各企業の都合によっても、1年の中で求人が増える時期は異なります。

こうした転職市場における求人動向は、なかなか自分1人では知るのに限界があります。そこで、人材紹介会社に登録してコンサルタントから情報を得たり、求人サイトを頻繁にチェックしたりして、転職しやすい時期を見極めることも必要です。

会社に迷惑がかからないような閑散期は転職のタイミング

たしかに求人数が増えている時期を狙った方が、転職はうまく行く可能性が高まります。ただそれは、あくまで自分の都合にすぎません。現在の仕事をないがしろにして、会社に迷惑をかけることは避けるべきです。そこで、会社の繁忙期は避け、職場の人々の負担にならないタイミングを見計らって、転職するようにしましょう。

例えば、どの会社でも年度末や決算期などは忙しくなるでしょう。逆にお盆の時期や年末年始などは、大抵の会社が閑散期になるはずです。また業界や企業ごとに、独自の事情から忙しい時期と暇な時期が異なると考えられます。こうした事情を考慮しながら、出来る限り閑散期に転職するようにすべきです。

その際、やり残した仕事は片づけ、後任への引継ぎをしっかりし、会社に迷惑がかからないようにすることが大切です。「立つ鳥跡を濁さず」と言うように、辞め方にその人の人間性が表れることを忘れないようにしましょう。

おわりに

現在の仕事に限界を覚え、転職したくなる時期があるでしょう。キャリアアップを図りたい、厳しい労働環境に耐えられないというのがその典型です。その場合、労働条件の低下を覚悟する必要があります。また転職先の労働環境の見極めも大切です。さらに、転職市場が活性化して求人が増えており、かつ会社に迷惑がかからないという時期を選ぶべきです。自分の都合と会社の状況の双方を考慮しつつ、適切なタイミングで転職しましょう。

もし今の会社に将来の価値を見い出せないのなら・・・

仕事内容が合わない、会社の給料・待遇が不満、職場の人間関係が悪い、仕事のスキルアップを図りたいなど、何らかの理由で今の職場で働く事に限界を感じているのなら、今のうちから仕事を変えてみるのも一つの手です。

新感覚転職サイト「ミイダス」

ミイダスは自分の職歴やスキルなど診断に沿ってチェックしていくだけで、今のアナタの評価や立ち位置、また転職後の平均年収や職業などアナタの市場価値を知ることが出来ます。また診断のデータを元に、アナタを必要としている企業を知ることもできます。さらには面接確約にて逆オファー求人が届くのも魅力です。その他にも転職するベストな時期や、どんなキャリアの人がどんな仕事に、どれくらいの年収で転職をしたのか、なども知ることができます。

>>自分の市場価値を無料診断!

大手転職サイト「リクルートエージェント」

リクルートエージェントは、業界トップクラスの転職支援サービスです。専門のアドバイザーがアナタの条件やスキルに合った求人を紹介してくれるだけでなく、面接力向上セミナーや履歴書・職務経歴書の添削もしてくれます。そのため転職成功率も高く、本気で転職を考えている方にピッタリの転職サイトと言えます。公に公表されていない求人が多数ありますので、今より満足できる転職先が見つかるはずです。

>>非公開求人を見るならコチラ

- SPONSORED LINK -

 - 就職・転職