仕事にまつわる様々な情報を発信しています!

集中力が継続しない原因とは…?飛躍的に集中力を高める方法

   

「集中しなければ」と思う場面は、仕事を始めとして、普段の生活ではよくあるものですが、なかなかその通りにはできないことも多いです。 しかし、物事に集中するためには、誰にでもできる簡単な方法があります。 ここでは、集中力を高める方法を、原因も含めて詳しく説明していきます。

- SPONSORED LINK -

集中力が切れる原因について知ろう!

ストレスや疲れが溜まっている

肉体的にも精神的にも、疲れていると集中力が続きません。そんなときは、ささいなことでイライラしたりするので、集中するには最も不向きな状態です。疲れがひどいと眠くなってくることも多く、ミスも増えてしまいます。また、ストレスの元になる何かを常に気にしているときも、集中するのは難しいでしょう。

雑音が多い

人によっては、「静すぎるよりも音があった方がいい」と感じる人もいますが、それはあくまでも適度な音の場合です。不快な音を聞きながら集中できる人は少ないでしょう。例えば、ゆったりした音楽などはよいですが、騒音ではとても集中できません。集中力が続かないときは、そうした雑音が原因になっている場合が多いです。

周りが散らかっている

整理整頓ができていない環境は、集中力を低下させます。「そんなことは気にしない」という人も多いですが、目から入る情報というのは、自分で思っているよりも影響が大きいものです。余計なものが多いということは、それだけ気が散る要素も多いということなのです。また、何か必要なものがあっても見つけられず、そのストレスでさらに集中できなくなったりします。

集中できない人の特徴とは…?

周りを気にしている

集中できていない人は、周りの動きや音に敏感です。ちょっとした人の動きや、何でもないささいな音などに素早く反応したりします。これは、何かあったときは対応が早いというメリットもありますが、集中力を必要とする場面ではマイナスになってしまいます。このタイプの人は、雑音や散らかった環境には、特に注意しなければなりません。

面倒くさがり

「面倒くさい」とい気持ちが強ければ、集中力を保つのは難しくなります。そのため、普段から面倒くさがりな人は、集中力に欠ける人が多いです。また、このタイプの人は、ストレートに本音を言わず、「他にやりたいことがある」など、別の理由を口にすることもあります。そんなときは、他の強い欲求が問題になってくるので、自分自身と向き合うことも必要です。

寝不足になっている

集中力には「疲れ」も大きく影響しているので、集中できない人には、寝不足の人が多いです。
睡眠が十分にとれないと、脳の疲労が蓄積されてしまうので、集中力はどんどん低下していきます。また、睡眠が足りていないとストレスも溜まっていくので、精神面の心配もあります。寝不足の人は、夜更かしが多かったり、休日を寝て過ごしたりと、生活のリズムが乱れている場合が多いので、まずはそこを改善することが大切です。

集中力を高める7つの方法

周りの環境を整える

集中力を高めるには、邪魔になりそうなものを徹底的に排除するのがおすすめです。目障りなものはすべて片付けて、きちんと整理すれば、視界から入るもので気が散ることはありません。また、耳栓やヘッドフォンを利用して、不快な音をシャットアウトしてしまえば、聴覚からの妨害もなくなります。

適度に休憩を入れる

疲れてくると、集中力はどうしても落ちてしまいます。そのため、あまり長い時間がかかるようなときは、必ず休憩を入れるべきです。ただダラダラと続けるよりも、しっかりメリハリをつけた方が、集中力が高まります。コーヒーで一息入れれば眠気も覚めますし、寝不足がひどければ、短時間の仮眠をとってもよいでしょう。適度にリフレッシュしながら取り組めば、効率を上げることにもなります。

作業を区切る

メリハリをつけるという意味では、この方法もかなり有効です。時間やステップで区切りを入れれば、短時間の作業により、集中力が高まります。「1時間経ったら休憩」「今日はここまでできたら終わり」など、適度に短く区切ってやれば、長く続けるよりも、その間だけは集中しやすくなるのです。自分にとって無理のない目標を立てれば、集中するのも難しくはないでしょう。

ガムを噛む

ガムを噛むという行為は、脳に酸素や糖分を供給したり、血流をよくする効果があります。それによって頭の回転を上げ、集中力を高めるという方法です。「噛む」という動きの繰り返しも、集中力アップにつながります。また、ガムを噛むと眠気覚ましになるので、疲れてきたときもおすすめです。

音楽を聴く

雑音は不快なだけですが、音楽であれば、集中力を高めることができます。ただし、どんな音楽でも効果があるわけではありません。なるべく歌詞がない、リラックスできるようなものが適しているので、集中力を上げるならクラシックがよいでしょう。また、大好きな音楽の場合は、どうしてもそちらに気をとられてしまうので要注意です。

始める前の儀式をつくる

これは、作業に取り掛かる前に、必ずやることを決めておき、それをスイッチにして集中力を高めるというものです。「コーヒーを飲む」「顔を洗う」など、内容はどんなことでも構わないので、「これをやったら始める」という習慣をつけるようにしましょう。そうしたトレーニングを続けていると、作業前の行動でしっかりスイッチが入るようになり、自然と集中力が高まっていきます。

同時進行をしない

普段から複数のことを同時進行する癖のある人は、それをひとつに絞るようにしましょう。「自分は同時進行ができる」と思っている人でも、ひとつに集中するよりは、やはり効率が落ちているものです。切り替えや情報整理もしにくいので、集中のためには避けなければなりません。ひとつに絞るように練習すれば、より集中力が高まり、効率も上がります。

おわりに

集中力が高いということは、ある種の才能であると思い込んでいる人も多いです。しかし、実際には、特別な才能などなくても、少しの工夫を加えることで集中力を高めることができます。どれも簡単な方法なので、まずはできることから、少しづつ始めていきましょう。

もし今の会社に将来の価値を見い出せないのなら・・・

仕事内容が合わない、会社の給料・待遇が不満、職場の人間関係が悪い、仕事のスキルアップを図りたいなど、何らかの理由で今の職場で働く事に限界を感じているのなら、今のうちから仕事を変えてみるのも一つの手です。

新感覚転職サイト「ミイダス」

ミイダスは自分の職歴やスキルなど診断に沿ってチェックしていくだけで、今のアナタの評価や立ち位置、また転職後の平均年収や職業などアナタの市場価値を知ることが出来ます。また診断のデータを元に、アナタを必要としている企業を知ることもできます。さらには面接確約にて逆オファー求人が届くのも魅力です。その他にも転職するベストな時期や、どんなキャリアの人がどんな仕事に、どれくらいの年収で転職をしたのか、なども知ることができます。

>>自分の市場価値を無料診断!

大手転職サイト「リクルートエージェント」

リクルートエージェントは、業界トップクラスの転職支援サービスです。専門のアドバイザーがアナタの条件やスキルに合った求人を紹介してくれるだけでなく、面接力向上セミナーや履歴書・職務経歴書の添削もしてくれます。そのため転職成功率も高く、本気で転職を考えている方にピッタリの転職サイトと言えます。公に公表されていない求人が多数ありますので、今より満足できる転職先が見つかるはずです。

>>非公開求人を見るならコチラ

- SPONSORED LINK -

 - 心理・精神