仕事にまつわる様々な情報を発信しています!

職を転々とする人の8つの特徴!解決策を知り仕事が続く脳へ

   

職を転々としてしまう人には、とある特徴があるのです。それさえ解れば、貴方も「どうしてこんなに職を変えてしまうんだろう」といった悩みもなくなるでしょう。安定した生活を送る為にも、是非これからご紹介する解決方法も合わせて御覧ください。

- SPONSORED LINK -

理想が高い

「給料は何十万以上がいい」、「有名企業の何々で働きたい」といったように、とても理想が高い特徴があります。自分の現状に対していつも納得が出来ず、「今よりもっと良い環境で働きたい」と常に考えているのです。

妥協も必要

「自分の思った通りの完璧な理想の恋人」が見つからないように、「自分の想像通りの完璧な理想の職場」というものも存在しません。やはりどうしても、ちょっと位は妥協が必要なのです、妥協をする事で頻繁な転職回数を減らせます。例えば「通勤時間は1時間かかってもいいけど、給与は30万前後欲しい」というような、妥協できる点とどうしても譲れない点を、決めておくといいでしょう。

人付き合いが苦手

新しい職場へ移る度にまた最初から人間関係を築かないといけない、それってとてもしんどいですよね。特に人付き合いが苦手な人は、そういった事にストレスを感じやすいので合わないと思ったら「次こそ」と転職を繰り返してしまうのです。

気楽に考える

職場は「働いてお金を稼ぐ場所」であって、「友達を見つけないといけない場所」ではありません。働いている内に自然と仲良くなれるので、最初から気構えず、楽に考えて働きましょう。いじめられているとか、ストレスで精神的に辛いというのであれば、話は別です。そういった場合はもっと楽になれるような、人付き合いの少なさそうな職場へ移りましょう。

短気である

我慢できない事があると、すぐに「辞めてやる!」と思ってしまうのです。辞めた後の事を考えずに行動してしまって、辞めてから後悔をする場合が多いです。

深呼吸をする

辞めたいと思った時は一旦考えを纏める為にも深呼吸を行いましょう。暫く冷静になってから、もう一度「本当に辞めていいか」を考えてみてください。考え直しても「やっぱり辞めたい」と気持ちが変わらないのであれば辞めて次へ行きましょう。

ネガティブである

ミスをしたり、職場の人と上手くいっていない、そういった事で「辞めよう」と考える人です。ネガティブ思考な場合が多く、「辞めて次へ行こう」と逃げ癖がついてしまっています。

働く期限を決める

ミスをしても人間関係が上手くいっていなくても、すぐに逃げていては次の職場もなかなか見つかりません。我慢し過ぎはいけませんが、せめて1ヶ月、3ヶ月と言うように、予め働く期限を決めてみましょう。その決められた期限を働いてからまた辞めるかどうか考えるのも手です。こうして働いている内に、その職場で働く事が自分に合っている、と思える事もありますよ。

他の人が羨ましくなる

友達が○○という企業で働いているのを聞いて、テレビで○○という職を知って、つい目移りしてしまいます。よく言えば「好奇心旺盛」、ちょっと悪い言い方ですと「熱しやすく冷めやすい」タイプです。

人は人、自分は自分

色んな職業に興味を持つ事は良い事ではありますが、職を転々としていては生活も成り立ちません。人は人、自分は自分と考えて「あの仕事がいいな」と思っても現状が上手くいっているならちょっと我慢しましょう。「あっちもいいな、こっちもいいな」とフラフラしていては、どこへ行っても長続きしません。

やりがいを感じられない

今勤めている職に対して、やりがいを感じられる事が少なく、その為に「辞めて次に行きたい」と考えます。やりがいは確かに大切ですが、そればかりを求めていても上手くいきません。

仕事の中で楽しみを見つける

やりがいがないのなら、楽しみを見つけてみましょう。「この作業が得意だからもっと極めよう」とか「職場のこういう所が好き」という小さな事でもいいのです。接客業ならお客様に喜んでもらえるから、事務作業ならば書類作成が得意だから、という事でも大丈夫です。

協調性がない

大抵の仕事が他の人との共同作業ですが、協調性を持たない人ですと「どうしてこんな仕事をしているんだろう」と考えやすいのです。それがどんどんストレスになり「他の人と合わせるのが嫌だ」と感じて、結果的に転職へと繋がります。

仕事はチームでやっている

フリーランスですと自分1人だけではなく、仕事の取引相手がいます。会社勤めですと、自分と取引相手以外にも、同僚や上司、部下がいるのです。「自分1人で仕事をしている」と考えて勝手に仕事を投げ出して辞めてしまっては、他の人に迷惑がかかります。時には協調性を持つ事も大切ですから、1人で仕事をしているとは考えないように気を付けましょう。

自分の希望職種と違った

例えば職探しをしている時によく募集要項を確認せず、事務作業で入社したのに本当は営業もあった、というような場合です。自分の希望していた職種とは違った為に合わないと感じる事で、辞めたいという気持ちもより一層強くなります。

応募前によく確認する

例えば「事務職 給与月30万」と募集要項にあったとしても、事務職にも色々あります。コールセンターのテレアポ職を「データ入力作業」と記載して募集する場合もあるのです。応募前によく募集要項を確認したり、面接時に詳しい業務内容を確認するように気を付けましょう。

おわりに

職を転々としてしまう人の8つの特徴をご紹介しましたが、貴方に当てはまるものはありましたか?職を変えるのは悪い事ではありませんが、あまり頻繁だと生活も苦しくなってしまいます。落ち着いた生活は落ち着いた心を作ります、是非ご紹介した対処方法もお試しください。

もし今の会社に将来の価値を見い出せないのなら・・・

仕事内容が合わない、会社の給料・待遇が不満、職場の人間関係が悪い、仕事のスキルアップを図りたいなど、何らかの理由で今の職場で働く事に限界を感じているのなら、今のうちから仕事を変えてみるのも一つの手です。

大手転職サイト「リクルートエージェント」

リクルートエージェントは、業界トップクラスの転職支援サービスです。専門のアドバイザーがアナタの条件やスキルに合った求人を紹介してくれるだけでなく、面接力向上セミナーや履歴書・職務経歴書の添削もしてくれます。そのため転職成功率も高く、本気で転職を考えている方にピッタリの転職サイトと言えます。公に公表されていない求人が多数ありますので、今より満足できる転職先が見つかるはずです。

>>こちらから無料登録できます

こだわりで探せる「ピタジョブ」

ピタジョブは無料会員登録をすることで、様々な非公開求人を見つけることができます。求人検索も転職に求める条件などで細かく探せるので、より自分に合った転職先が見つけやすいです。また求人詳細だけでなく、予めアナタの職務経歴を入力しておけば、企業とのピッタリ度を自動で判別してくれます。他にも今の会社と比べてどこが優れてて、どこが劣ってるのかがグラフで比較することができ、今と転職後の年収も比較することができます。

>>こちらから無料登録できます

- SPONSORED LINK -

 - 心理・精神