仕事にまつわる様々な情報を発信しています!

上司から食事の誘いをされた時の上手な断り方6つ

   

上司から食事の誘いを受けた時に、特に予定はないけれど、できれば行きたくないという人は多いのではないでしょうか。ただ、断ると評価が落ちてしまうのではないかと心配になる人もいるはずです。そんな方のために、上手な断り方についていくつか紹介していきます。

- SPONSORED LINK -

断り方1:家庭の事情を理由にする

最も効果がある断り方は、家庭の事情を理由にするということです。既婚者であれば、最近夫が体調を崩しているので、面倒を見る必要があるというのも良い方法かもしれません。「夫の調子が悪いのに、自分だけ外食をしたりすることはちょっと出来ません」とはっきり言うことができれば、相手はそれ以上誘ってくることはないでしょう。

もし、お子さんがいる場合は、子供の体調が悪く、心配で実家に預けているが、早く引き取りに行かなければならないため、食事には行けないと言うこともできるでしょう。このような理由に突っ込んでくる方は少ないとは思いますが、万が一、詳細を聞かれた場合は、「すみません」と一言謝ったうえで、「心配なので今日は家族優先にさせてください」と話しましょう。

また、独身の方の場合は、両親の体調が悪いことや、兄弟や甥っ子・姪っ子が遊びにきているので、家族で食事に行く予定があると告げるのも一つの方法です。具体的に、何時までに出かけなければならないと伝えることで、よりリアリティーが増しますので、余裕があればその点も伝えてみましょう。

断り方2:自分の体調が優れないと伝える

家庭の事情を理由にするのと同じくらい有効なのは、自身の体調が悪いことを伝えるということです。風邪で熱があるとか、最近体の調子が悪くて病院に通っているので、「今日も病院に行かなければならない」と話すのです。確実に誘いを断りたければ、今日は、○時から病院の予約をしていると具体的にアピールしましょう。体調が悪く、通院の予定もあるとなれば、さすがの上司も無理強いすることはないでしょう。

ただ、翌日に体調はどうだ?と聞かれることが予想されますので、その時の対応についてはあらかじめ考えておいた方が良いでしょう。風邪を理由にした場合は、マスクをして出社することも必要かもしれません。

断り方3:すでに予定があると嘘をつく

以前から計画していた予定があるという理由も良いかもしれません。その場合は、「半年も前からの予定なんです」などと、今日、その予定を変更することは絶対に無理だということをしっかり伝えるようにしてください。できれば、自分一人の予定ではなく、友達との予定なので、私だけが急に予定を変更することができないというニュアンスも加えておきましょう。

断り方4:カルチャースクールに通っている体にする

すでに予定が入っているという理由を使う場合、まれに「何の予定なの?」と聞かれてしまうことがあります。本来はその理由を伝える義務はないのですが、習い事をしているという内容は有効でしょう。

カルチャースクールで料理を習っているとか、パソコンスキルを上げたいので、パソコン教室に通っているというのも相手を納得させる上手い理由かもしれません。しかも、内容がスキルUPを図っているという内容であれば、仕事に対する姿勢という面で、逆に評価を得る可能性もあります。

断り方5:同窓会を理由にする

同窓会があるというのも比較的理解されやすい断りの理由です。ホテルなどで開催される正式な同窓会でなくても、高校時代や大学時代の仲間との集まりがあるという程度で構いません。例えば、同級生が結婚をするので、その二次会を企画しなければならず、今日はその打ち合わせだということにしても良いでしょう。

また、これは同窓会を理由にする場合だけに言えることではないのですが、断りを入れた日は、繁華街には足を運ばないようにした方が良いです。自分が食事会や飲み会に参加することを免れても、別な人を誘って街へ繰り出している可能性があるからです。できるだけ、その日は自宅で過ごすことをオススメします。どうしても外出しなければならない場合は、マスクや帽子などで若干の変装をした方が無難です。

断り方6:仲の良い同僚に助けてもらってかわす

なかなか自分自身で断ることができないタイプの人もいるでしょう。そのような方は、同僚にフォローしてもらうという方法もあります。できれば、明るくて、はっきりと物が言え、それでいて発言に嫌みがないタイプの同僚であれば尚良いでしょう。

自分では「今日はちょっと…」ぐらいしか言えなくても、同僚に助けてもらえれば、「今日は、私たち女子会をするんで、男性は立ち入り禁止ですよ!」などと冗談交じりで断ることもできるでしょう。誘った側も、その雰囲気であれば、嫌な思いをせずに引き下がることができるはずです。自分でできない場合は、人に頼ることも必要です。

おわりに

さて、上司からの誘いを断る方法について6つお伝えしてきましたが、断るうえで大事なことが一つだけあります。自分の評価を下げないために、断る前に必ず「誘っていただいてありがとうございます」と、まずはお礼を言うということです。この方が、「今日は無理です」という断り方よりは、相手に嫌な思いをさせずに済みます。

もし今の会社に将来の価値を見い出せないのなら・・・

仕事内容が合わない、会社の給料・待遇が不満、職場の人間関係が悪い、仕事のスキルアップを図りたいなど、何らかの理由で今の職場で働く事に限界を感じているのなら、今のうちから仕事を変えてみるのも一つの手です。

新感覚転職サイト「ミイダス」

ミイダスは自分の職歴やスキルなど診断に沿ってチェックしていくだけで、今のアナタの評価や立ち位置、また転職後の平均年収や職業などアナタの市場価値を知ることが出来ます。また診断のデータを元に、アナタを必要としている企業を知ることもできます。さらには面接確約にて逆オファー求人が届くのも魅力です。その他にも転職するベストな時期や、どんなキャリアの人がどんな仕事に、どれくらいの年収で転職をしたのか、なども知ることができます。

>>自分の市場価値を無料診断!

大手転職サイト「リクルートエージェント」

リクルートエージェントは、業界トップクラスの転職支援サービスです。専門のアドバイザーがアナタの条件やスキルに合った求人を紹介してくれるだけでなく、面接力向上セミナーや履歴書・職務経歴書の添削もしてくれます。そのため転職成功率も高く、本気で転職を考えている方にピッタリの転職サイトと言えます。公に公表されていない求人が多数ありますので、今より満足できる転職先が見つかるはずです。

>>非公開求人を見るならコチラ

- SPONSORED LINK -

 - 飲み会・行事