仕事にまつわる様々な情報を発信しています!

未経験の職種に転職する際の志望動機の書き方と例文について

   

転職に限らず、企業に就職する際には履歴書と職務経歴書の作成が必要です。そして、志望動機の内容次第で合否が決まると言っても過言ではありません。特に未経験の職種に転職する際は、未経験でも来て欲しいと思わせる事が重要と言えます。そこで今回は未経験職に転職する際の志望動機の例文と書き方のポイントをご紹介していきます。

- SPONSORED LINK -

未経験職へ転職!人事担当者を納得させる志望動機とは

志望動機は、企業へのプロポーズです。相思相愛になるためには、相手のことを理解していきましょう。まずホームページの企業情報から、情報を収集しましょう。企業の事業内容、規模、製品、売上高、基本理念を調べて、志望動機でアピールしてきましょう。企業の人事担当は、何枚も同じような履歴書や職務経歴書をみていますので、使いまわしをしているかなどはすぐにわかります。「業界初の○○に感銘を受けた、御社の環境活動に魅力に感じた、是非はたらかせてください!」と熱心に研究してきた意欲を書類でも面接でもアピールできようにきちんと研究していきましょう。

人事担当者の立場に立ってみる

企業の人事担当者は、毎日面接をしているわけでもなく採用だけでも毎日何種類の書類に目を通しています。その書類を見て、一度会って話を聞いてみたいと思わせるような内容を書くことが書類通過につながります。履歴書で字をきれいに丁寧に書くことはもちろんですが、誰が読んでもわかる内容にしないといけません。

また、○年経験している、○件の成果がでたなど数字を出した方が人事担当者にインパクトが残ります。誰が見てもわかりやすい表現にしましょう。また、求人にどのような人物を求めているのかを研究してみましょう。求めている人物像に寄り添う形にすることで、ぐっと印象に残ります。他の応募者との差別化を図るために、少しでもアピールポイントを増やすことが採用の決め手になります。

面接を想定してみる

面接を想定して志望動機を書かなくてはなりません。面接では、具体的なエピソードを話すことになります。その時に、面接官が話をふってくれるような内容を書きだすことが重要です。志望動機を書くのは、面接問答集を書いてから作成し、キーワードを抜いて作成すると文面がまとまるでしょう。以下が面接中に志望動機で聞かれる内容です。

  • 応募しようと思ったキッカケ
  • どこで知ったのか
  • なぜ選んだのか
  • 扱っている商品を知っているか
  • どんな力を発揮してくれるか
  • 企業選びの軸とは

志望動機を書く際の3つのポイント

経験

未経験職種に応募したい場合は、前職での経験も無駄にはなりません。前職で取り組んだこと、成果をあげたことを具体的にエピソードとして取り上げることによって、仕事への姿勢をアピールすることができます。営業成績などがない事務職では、失敗から学び、もう1度作業を見直す中で、改善点が見つかり、ミスも減り、効率的にまわすことが出来るようになった事柄をいれるとよいでしょう。以下の参考例は未経験業界、未経験職種でも共通して他業種でも経験することがあります。

  • 信頼関係の構築
  • 作業マニュアル作成
  • リーダーシップ能力
  • 対人能力
資格

資格と実務経験があれば他の応募者より有利になります。未経験職種であったとしても資格を持っているということでもアピールになります。実務経験はないけれど資格を活かしたい、実務経験がないからこそ、資格にチャレンジして取得したなど書いてみましょう。転職業界では、即戦力になる人材を欲しています。資格より実務経験が有利であることはまちがいありませんが、アピールポイントになることが間違いないです。

経理未経験者であったならば、簿記3級を取得したことなどをアピールしていきましょう。また、PCスキルは、エクセル・ワード・パワーポイント・アクセスを使えると、オールマイティーに業務を任せることができるので重要です。データの集計を行っていたと志望動機で書く場合は、どのようにして行っていたかをアピールするチャンスです。

意欲

また、未経験職種は経験してないからこそ、挑戦していきたいという意欲をみせる書き方にしていきましょう。面接官に「一度もやったことがないのにできるか」と聞かれると、「はい、できます。なぜなら~」と答えることができるようにしておきましょう。できないのにできるなどマイナスなことを書けば、評価は下がります。未経験であっても、以下のような文面で意欲をアピールできます。

例1)新しい業務にも果敢に挑戦して、吸収していきたいと思います。
例2)早く業務に慣れて、1日でも即戦力となれるよう努力します。
例3)足りない部分は積極的に学び、御社で能力を発揮できるように頑張ります。

将来のビジョンを明確にしておく

志望企業に入社してしたいことを明確に書きましょう。面接官は「当社に入社してどんな仕事をしたいですか」と質問があるときの対応策にもなります。

例文1

私は、営業職の経験を通して交渉力には自信があります。その力を発揮して、営業企画業務に携わりたいと思っています。営業企画業務は計画性と実行性が必須であると理解しています。御社は営業企画業務に力をいれているため、私の強みでもある交渉力を活かして成果を上げて貢献していきたいと思います。

例文2

私は、前職において総務部と経理部の業務にあわせて10年間従事してきました。会社の間接部門として携わる中で、付加価値を高めて差別化を図ることが重要であると思いました。御社では間接部門を改革する経営企画部の立ち上げに経験を活かして貢献していきたいと思っています。

職業別!未経験職に転職する際の志望動機の例文

では実際に、具体的な志望動機の例文を紹介していきたいと思います。

例文1 ~経理編~

前職では、経理部に所属していました。経理部において連結決算業務に関しては、10年以上経験しているので御社でもこの経験を活かすことができます。その業務によって苦労したことは○○です。○○業務は、未経験ですが挑戦していきたいと思っています。

例文2 ~営業編~

前職は文具メーカーの営業を5年間していました。主に新規顧客開拓にも力をいれてきました。日ごろから製品の説明のたびに、訪問して顔を覚えてもらい信頼関係の構築に取り組む中で、お客様のニーズにあった商品を提供する中で売り上げ成績を伸ばしました。○○業界については、未経験ですが即戦力となれるように頑張ります。

例文3 ~介護職編~

前職は、受付業務をしていました。お客様と接する中でコミュニケーションの難しさと大切さを学びました。車椅子のお客様や体が不自由なお客様と向き合う中で、世の中のために貢献できる仕事に興味を持ちました。介護は特に人手が不足している中で、接客の経験を通して、1人1人と向き合っていけると思い応募しました。

例文4 ~総務職編~

私は前職において給与計算や人事制度の仕事に携わってきました。業務に従事する中で、もっと勉強したいとの思いを持ち、猛勉強して社会保険労務士の資格を取得しました。御社では人事制度の構築などに力をいれていると知り、是非ともこの経験と資格を活かしたいと思い応募しました。

おわりに

志望動機を作成するにあたって、気を付けるポイントを重点的に紹介しましたがいかがでしたか。準備ですべてが決まります。転職を機に自分自身を見つめなおしましょう。志望動機は、情報収集と自己分析から始まります。今回紹介した志望動機の例文と書き方を参考にして、人事担当者が一度会いたいと思わせる志望動機を作成してみましょう。

もし今の会社に将来の価値を見い出せないのなら・・・

仕事内容が合わない、会社の給料・待遇が不満、職場の人間関係が悪い、仕事のスキルアップを図りたいなど、何らかの理由で今の職場で働く事に限界を感じているのなら、今のうちから仕事を変えてみるのも一つの手です。

新感覚転職サイト「ミイダス」

ミイダスは自分の職歴やスキルなど診断に沿ってチェックしていくだけで、今のアナタの評価や立ち位置、また転職後の平均年収や職業などアナタの市場価値を知ることが出来ます。また診断のデータを元に、アナタを必要としている企業を知ることもできます。さらには面接確約にて逆オファー求人が届くのも魅力です。その他にも転職するベストな時期や、どんなキャリアの人がどんな仕事に、どれくらいの年収で転職をしたのか、なども知ることができます。

>>自分の市場価値を無料診断!

大手転職サイト「リクルートエージェント」

リクルートエージェントは、業界トップクラスの転職支援サービスです。専門のアドバイザーがアナタの条件やスキルに合った求人を紹介してくれるだけでなく、面接力向上セミナーや履歴書・職務経歴書の添削もしてくれます。そのため転職成功率も高く、本気で転職を考えている方にピッタリの転職サイトと言えます。公に公表されていない求人が多数ありますので、今より満足できる転職先が見つかるはずです。

>>非公開求人を見るならコチラ

- SPONSORED LINK -

 - 就職・転職