仕事にまつわる様々な情報を発信しています!

アナタの会社にもいる?ムカつく上司の特徴と対処法

   

アナタの働く会社にも、指示が不適切、責任をとらない、価値観を押し付ける、対応が不公平といったムカつく上司がいませんか?こうしたムカつく上司には常識や理屈が通用しにくく、正面から異議を唱えても改善されない場合が多くあります。このような上司には価値観を尊重しつつ他の方法を提案する、人事部などに相談するなどして、上手く対応していくようにしましょう。

- SPONSORED LINK -

上司の指示は通常以上に頻繁に確認してミスや無駄をなくす

職場によくいるムカつく上司として、指示が不適切な上司がいます。例えば、部下に提案書の作成を指示する際にも、どういう内容にすべきか、何ページくらいにまとめるのか、いつまでに仕上げるのかなど、本来なら明確にすべきです。

もちろん、部下も自分で考えることが必要であり、一定の経験があるならなおさらです。ただそれでも、上司である以上、部下に対する適切な業務指示をする責任はあります。それにもかかわらず、「まあその辺は適当にやっておいて」「だいたいその程度でいいんじゃないかな」などと、曖昧に濁す上司がいます。それだと、内容や分量、期限が不明確になり、顧客のニーズに沿わない無駄な提案書になりかねません。

そこで、こうした上司に対しては、他の上司よりも念押しして確認する必要があります。上記の事項について、部下である自分の方からしつこく確認し、具体的に明らかになるようにしておきましょう。逐一そうしなければならないのは、確かに面倒でいらいらします。それでも、作業の無駄を防ぎ、会社や顧客に迷惑がかからないようにするためだと割り切り、我慢して頻繁に確認するようにしましょう。

報告・連絡・相談を繰り返し責任逃れできないようにする

面倒なことに目を背け、責任逃れしようとする上司も、職場で時々見かけます。例えば、顧客から自社製品に関するクレームが来て、責任者を呼ぶように言われたとします。その際、わざと席を外していなくなったり、会議や顧客訪問のアポを入れたりして、そこから逃げようとする上司がいます。

そこまであからさまでなくても、「この件に関しては君に任せたはずだ」「私は他の案件で忙しいからよろしく頼む」などと言って、部下にすべてを押し付けるかもしれません。そうなると、いい加減な上司とクレームを付ける顧客の間で板挟みになり、部下はストレスが溜まる一方です。

こうならないためにも、上司に当事者意識を持たせるようにする必要があります。普段からこまめに報告・連絡・相談を行い、その仕事に関して上司も常に知っている状態にしておきます。またその状態を、顧客や社内にも知れ渡るようにすることも有効です。

そうなると、いざという時に上司も言い逃れできず、責任をとって対応するしかなくなります。ムカつく上司をただ責めるのではなく、いい意味で仕事に巻き込む方が、人間関係や仕事はスムーズにいくでしょう。

上司の価値観を尊重しつつ他の方法を提案する

業歴の長い老舗企業の職場などでは、キャリアの長い年配の上司がいるでしょう。そうした上司の場合、昔ながらの古い価値観にとらわれていて、部下に押し付けて来る場合があります。

例えば、営業の手法にしても、コネやつてを中心に、お願いや無理なはめ込みで行おうとする場合があります。しかしそれでは、もはや時代遅れでもあり、またその顧客やプロジェクトに合わないかもしれません。かといってそのやり方を頭ごなしに否定すると、上司はかえって態度を硬化させ、部下も仕事がやりにくくなります。

それを踏まえて、その上司の価値観を否定せず、まずは尊重しましょう。その上で、「今回の場合は、むしろこういう手法の方が上手く行くと思います」などと言って、他の合理的な方法を提案します。そうすれば、上司の顔も立てつつ、顧客や会社にも迷惑がかかりません。たとえムカつく上司でも、機嫌を損ねないように配慮することが大切です。

部下への対応が不公平な場合は人事部などに相談する

職場にいるムカつく上司の中には、部下への対応が不公平な人もいます。例えば、あるプロジェクトの中で、上司と部下A、部下Bがいたとします。上司が部下を評価する場合には、評価基準に則って客観的に公平に行う必要があります。

しかし上司も人間ですから、どうしても感情が入り混じり、部下Aとの相性が悪く、Aの態度が気に入らない時、部下Bばかりく評価してしまうかもしれません。Aが真面目に仕事に取り組み、成果も上げているのなら、こうした不公平な対応をしているのは問題です。

こういう場合、上司に直接不満を述べられればよいのですが、それも難しい場合があります。そういう時は、上司のさらに上の上司、人事部などに相談し、部下である自分に対する対応を公平にしてもらうよう相談しましょう。自分に問題がある場合は、自分でも改善は必要です。それでも上司にアンフェアな部分があれば、そこは正してもらうべきです。

おわりに

職場には、尊敬できる上司ばかりではなく、ムカつく上司もいるものです。指示がよくわからない、すぐに逃げる、我を押し通そうとする、えこひいきするなどということをされると、部下としてはストレスが溜まります。確認を怠らない、日頃から責任を感じさせる、顔を立てつつ合理的な方法を示す、人事部などに頼るなど、うまく工夫をしながら対処していきましょう。

もし今の会社に将来の価値を見い出せないのなら・・・

仕事内容が合わない、会社の給料・待遇が不満、職場の人間関係が悪い、仕事のスキルアップを図りたいなど、何らかの理由で今の職場で働く事に限界を感じているのなら、今のうちから仕事を変えてみるのも一つの手です。

新感覚転職サイト「ミイダス」

ミイダスは自分の職歴やスキルなど診断に沿ってチェックしていくだけで、今のアナタの評価や立ち位置、また転職後の平均年収や職業などアナタの市場価値を知ることが出来ます。また診断のデータを元に、アナタを必要としている企業を知ることもできます。さらには面接確約にて逆オファー求人が届くのも魅力です。その他にも転職するベストな時期や、どんなキャリアの人がどんな仕事に、どれくらいの年収で転職をしたのか、なども知ることができます。

>>自分の市場価値を無料診断!

大手転職サイト「リクルートエージェント」

リクルートエージェントは、業界トップクラスの転職支援サービスです。専門のアドバイザーがアナタの条件やスキルに合った求人を紹介してくれるだけでなく、面接力向上セミナーや履歴書・職務経歴書の添削もしてくれます。そのため転職成功率も高く、本気で転職を考えている方にピッタリの転職サイトと言えます。公に公表されていない求人が多数ありますので、今より満足できる転職先が見つかるはずです。

>>非公開求人を見るならコチラ

- SPONSORED LINK -

 - 人間関係