仕事にまつわる様々な情報を発信しています!

寿退社を上司に報告をするタイミングと流れについて

      2016/03/09

最近は結婚しても仕事は続けると言う女性も多くいますが、それでも仕方無く、会社を辞めざるを得ないという女性もいます。寿退社はおめでたいことではありますが、仕事が好きならば、会社を辞めるのは辛いことでもありますね。そこで今回は寿退社の流れと報告するタイミングについてお話したいと思います。

- SPONSORED LINK -

寿退社を上司に伝えるタイミングとは

寿退社をする女性の中には、挙式や入籍ギリギリまで、上司に報告をしないと言う人もいるようですが、このような態度はマナー違反であり、会社にも大きな迷惑となってしまう恐れもあります。そのため、早い段階で退社することが決まっていれば、余裕を持って上司に報告しましょう。

例えば、一年前など、あまりにも早く上司に結婚退社の意を伝えてしまった場合には、会社にも居辛くなってしまう可能性もありますので、ベストな退社報告のタイミングの時期としては、三ヶ月ほど前が良いかと思われます。このぐらいの余裕があれば、会社としても仕事の引継ぎなどがあった場合には、次の社員を採用したりする準備も出来ますし、引き受けている仕事も余裕を持って終了することが可能となります。

まずは直属の上司に報告しよう

また、よくあるトラブルとして、いきなり人事部に退社の意を伝えてしまい、上司が後から知ってしまうというものもあります。他にも、仲の良い社員に先に伝え、風の噂で上司の耳に入ってしまうなんて最悪なケースもあるようです。このようなことは、直属の上司がいる場合には、あってはならないことであり、上司をないがしろにしているととらえられる恐れもありますので、注意しましょう。まずは上司に報告することを忘れずに行い、その次に仲の良い同僚などに報告するようにしましょう。

妊娠している場合はすぐ上司に報告

近頃では、結婚や入籍の前に、子供を作るカップルも少なくありません。特に高齢なカップルの場合には、最初に妊娠してから結婚を考えるケースもあるようです。そのため、結婚と同時に妊娠と言うおめでたいことでもありますが、この場合には、退社のタイミングを考えるよりも、先に上司に報告しないといけなくなります。

なぜなら、妊娠中には、切迫流産などの危険もありますし、身体を使うような仕事ならば、母体にも負担になる可能性もあるからです。子供にも影響が出てしまった場合には、後で辛い思いをしなくてはいけませんので、会社にも早いうちの報告が必要となります。

退社時期も、希望している日よりも早くなる恐れもありますが、妊娠中には他の人の手も借りないといけない場面も沢山出てきますし、しばらくは休みをとって安静にしないといけないこともありますので、まずは報告するようにしましょう。その上で、上司とこれからどのようにすれば良いかを相談するようにしましょう。

退職願いをまずは作成して提出する!

この他にも、大手の会社ならば、上司に報告すれば、退社の段取りなどを詳しく教えてもらえう場合も少なくありません。ほとんどの場合は、まずは上司から退職願を出すように言われ、その次に退職届けを出すと言う手順になるようです。退職願は退職したいと言う希望を上司に伝えるもので、この場合はもしも会社を辞めないことになった際には、取り下げることも場合によっては可能となります。

けれど、退職届けは、取り下げることが不可であることが多いため、きちんと事前に確認しておかないといけません。結婚相手に何かと問題があり、もしかしたら結婚自体を止めるかも知れない場合には、あまり先走らないことが良いケースもあります。

仕事などを全て片付けてから退職をしよう!

これら以外にも、退職する際には、自分が現在引き受けている仕事などは、次の社員に引き継ぎをしなくてはいけません。そのため、誰が見ても分りやすいマニュアルを作ったりするのも良いですし、次の引継ぎ相手とも、時間を掛けてじっくりと話し合いをするようにしましょう。

寿退社をする女性の中には、会社が大嫌いで、さっさと仕事を辞めたいと考えていたような人もいますが、そのような場合には、会社に迷惑を掛けてやろうと、わざと使用していたデータファイルを消去したり、次の人への引継ぎマニュアルを作成せずに、そのまま仕事を全て放置して退社するような問題行動を起こすこともあるようです。

このような態度は、自分の気持ちは晴れたとしても、会社には大きな損害や迷惑となることもあります。それに、引継ぎをする人にも大変な負担となりますので、絶対にしてはいけません。また、会社にバレないだろうと、備品などを持ち帰ったりするような行為を行う人もいるようですが、社会人としても失格となりますし、後で問題となる場合もあります。

おわりに

寿退社はおめでたいことですが、長い間勤めていた会社を辞めるのは、やはり寂しいものです。退社する日まではしっかりと仕事をこなし、退社の日には、お世話になった人にはきちんと挨拶をして、手土産などを持参すると良いでしょう。立つ鳥跡を濁さずと言うことわざがありますが、その言葉の通りに、ちゃんと行動することが大事です。タイミングを見て、上司にも報告し、仕事なども片付けてから、新生活を送るようにしましょう。

もし今の会社に将来の価値を見い出せないのなら・・・

仕事内容が合わない、会社の給料・待遇が不満、職場の人間関係が悪い、仕事のスキルアップを図りたいなど、何らかの理由で今の職場で働く事に限界を感じているのなら、今のうちから仕事を変えてみるのも一つの手です。

新感覚転職サイト「ミイダス」

ミイダスは自分の職歴やスキルなど診断に沿ってチェックしていくだけで、今のアナタの評価や立ち位置、また転職後の平均年収や職業などアナタの市場価値を知ることが出来ます。また診断のデータを元に、アナタを必要としている企業を知ることもできます。さらには面接確約にて逆オファー求人が届くのも魅力です。その他にも転職するベストな時期や、どんなキャリアの人がどんな仕事に、どれくらいの年収で転職をしたのか、なども知ることができます。

>>自分の市場価値を無料診断!

大手転職サイト「リクルートエージェント」

リクルートエージェントは、業界トップクラスの転職支援サービスです。専門のアドバイザーがアナタの条件やスキルに合った求人を紹介してくれるだけでなく、面接力向上セミナーや履歴書・職務経歴書の添削もしてくれます。そのため転職成功率も高く、本気で転職を考えている方にピッタリの転職サイトと言えます。公に公表されていない求人が多数ありますので、今より満足できる転職先が見つかるはずです。

>>非公開求人を見るならコチラ

- SPONSORED LINK -

 - 結婚・妊娠