仕事にまつわる様々な情報を発信しています!

旅行代理店のJTBに正社員として就職した際の年収や待遇とは

   

JTBは、170社以上の国内海外のグループ会社で成り立っており、現在は合計で約25,000名の社員で成り立っています。グループ会社ごとで、雇用体系・年収は異なるため一概には言えませんが、今回はJTBに正社員で就職した際の年収や待遇についてご紹介します。

- SPONSORED LINK -

JTBの年収や臨給について

旅行業界は他の業種と比べると年収は低い傾向にあり、新卒・正社員の基本給20万円前後です。そこから入社4年目までは1年で5,000円程度基本給が上がります。入社5年目以降は年度の業績評価と、配属されている支店や事業所の予算達成具合により、基本給が変動します。

また、ボーナスについては年2回支給されます。夏は前年度の個人の業績評価・行動評価と支店の予算達成度合に応じて支給され、1~4ヶ月分と相当の金額が貰えます。冬は定率1.5か月分が支給されます。

正直、旅行が好きという方でなければ、旅行業界へ就職する事はおすすめできません。自社で何かを作っているわけではなく、形のないものを販売しているサービス業態になるため、旅行業界は他の業種と比べると年収は高いとは言えないからです。

正社員で働く人の殆どが仕事にやりがいを感じている

JTBでは、働き甲斐のある職場を目指し、年に2度社員アンケートを実施していますが、仕事内容にやりがいを感じている社員の割合は毎年7-8割を占めます。また根底に、「旅行が好き」でJTBに入社をしているという社員がほとんどを占めています。お客様にとって「楽しいこと」=「旅行」を提供しているということもあり、社員の仕事に対する意識は非常に高いと言えます。

JTBの社風について

会社風土は、明るく楽しく面白く!という雰囲気が多いです。人を楽しませたいという気持ちが強い社員が多いので、社員間のコミュニケーションは円滑に取れています。中には、体育会系なノリのある支店もありますが、お酒を強要したりすることはありません。また、JTBグループには「ホットライン」という制度が整っており、何か問題が起きたり、ハラスメントを受けた場合には匿名で申告でき、早急に問題を把握し、解決するよう努めています。

旅行業界は「サービス残業が多いのでは?」という不安もつきものかと思いますが、残業については必ず申告するような風土になっています。どうしても旅行にはシーズンがあるので、忙しい時期は残業も多くなりますが、閑散期については定時で帰ります。また、週に1度はノー残業デーを設けている支店もあります。与えられた年休は基本的にはすべて消化しなくてはいけませんので、休みを取って気まずくなるということはありません。

JTBの社員教育について

JTBは教育に力を入れています。グループ内に、JTB能力開発という企業様向けの社員教育を行っている会社があり、社員は通信教育を年に2回受けることを推奨されています。

旅行関係の資格や知識習得はもちろん、社会人としてのマナー、PCスキル、語学、部下の教育、仕事の効率性を上げる等々、様々なカリキュラムが設けられており、レポートを提出し合格をすれば受講料が無料になるものも多くあります。このほかにも、集合研修のカリキュラムも多く設定されているため、個人で受講したい研修は受けることができます。

JTBは”スイング ザ バット”の精神を大切にしており、挑戦することの大切さ、まずはバッターボックスに立ち、バットを振る行動を評価する考え方がとられています。

JTBの福利厚生について

JTBの福利厚生は他社と比べると恵まれています。やはり、旅行に安く行けることが最大のメリットです。JTBの企画商品は社員であれば割引が聞きます。商品や契約内容によりますが、「えらべる倶楽部」を使うと、1日当たり「国内は2500円・海外は3500円」が割引されます。そのほか、旅行会社向けの特別商品も設定されたりもするので、連休を取って家族旅行に行く社員もとても多いです。

その他に旅行だけではなく、レストランや演劇、映画チケット、スポーツ観戦等の割引も受けられます。また、社員間の親睦向上を目的として、運動会やボーリング大会などイベントを実施することもありますが、そちらは家族で参加ができ、食事などはすべて会社が負担してくれるなどの待遇があります。

JTBには人材という考えではなく、人は財産であるという考え方があります。いかに、社員が心地よく働けるか?そのために何ができるか?これは労働組合がしっかりと整備されているからこそできる取り組みだと言えます。

おわりに

いかがでしたか?今回はJTBに就職した際の年収や待遇についてお伝えしました。正社員としての情報を記載しておりますが、働き方は様々。契約社員やパート社員など、個人の希望に合わせて働くことができます。女性社員の多い職場なので、出産や育児による職場復帰もウエルカムな風土があります。

もし今の会社に将来の価値を見い出せないのなら・・・

仕事内容が合わない、会社の給料・待遇が不満、職場の人間関係が悪い、仕事のスキルアップを図りたいなど、何らかの理由で今の職場で働く事に限界を感じているのなら、今のうちから仕事を変えてみるのも一つの手です。

新感覚転職サイト「ミイダス」

ミイダスは自分の職歴やスキルなど診断に沿ってチェックしていくだけで、今のアナタの評価や立ち位置、また転職後の平均年収や職業などアナタの市場価値を知ることが出来ます。また診断のデータを元に、アナタを必要としている企業を知ることもできます。さらには面接確約にて逆オファー求人が届くのも魅力です。その他にも転職するベストな時期や、どんなキャリアの人がどんな仕事に、どれくらいの年収で転職をしたのか、なども知ることができます。

>>自分の市場価値を無料診断!

大手転職サイト「リクルートエージェント」

リクルートエージェントは、業界トップクラスの転職支援サービスです。専門のアドバイザーがアナタの条件やスキルに合った求人を紹介してくれるだけでなく、面接力向上セミナーや履歴書・職務経歴書の添削もしてくれます。そのため転職成功率も高く、本気で転職を考えている方にピッタリの転職サイトと言えます。公に公表されていない求人が多数ありますので、今より満足できる転職先が見つかるはずです。

>>非公開求人を見るならコチラ

- SPONSORED LINK -

 - 企業について