仕事にまつわる様々な情報を発信しています!

飲食店で働く人が思わずストレスを感じてしまう瞬間とは?

      2016/03/04

巷にあふれる飲食店。個人経営からチェーン店まで様々なお店が存在しています。どんな規模のお店であれ、様々な人と接しなくてはならない接客業というのは、とんでもないストレスを抱える職場です。そこで今回は、飲食店ならではのストレスの原因とその解決法を考えてみましょう!

- SPONSORED LINK -

お客様は神様なの!?クレーマーの対応に思わず「イラッ」とする

「どんな好きな人でも一瞬で冷める瞬間」というアンケートで、毎回上位に入ってくる回答が「飲食店で店員に偉そうにする人」というもの。みんなが共通して嫌っているにも関わらず、定期的に「お前は何様だよ!」と言いたくなる態度の客は居るものです。

とにかく上から目線でものを言うくらいならば、まだ「育ちが悪いのかな?」程度で済むかも知れません。しかしこちらの些細なミスを見つけると、ここがチャンスとばかりに騒ぎ立て「店長を出せ!!」なんて叫びだし、店からお詫びと称して何らかの見返りを求めようとする人に遭遇した経験は誰しもがあるでしょう。

飲食店に限らず接客業では、このようなクレーマーに対応する必要が出てきます。本来ならばガツンと反論したり諭したりしたいところですが、個人経営の店で自分が経営者ならばいざ知らず、大手チェーンでは、そんな事は許されません。

仮にどんなに自分が正論で正しかったとしても、本部にクレームが入れば、悪いのはこちらと判断されてしまいます。つまり、どんなに相手が悪質であってもそれに頭を下げるしかないという、一般社会では受け入れがたいストレスに耐えなければならないのです。

土日祝は休めない!友達とも交流も自ずと減り・・・

人は不思議なものでお昼になるとお腹が減り、また夜になると再びお腹が減る生き物です。飲食店は、まさに人々が食事を楽しむ時間こそが稼ぎ時であり、最も忙しい時間となります。土日祝祭日に暦どおりに休むなんていうのは夢のまた夢であり、普通の仕事をしてる人とは物理的に時間が合いません。

昔からの友達とも疎遠になり、あれこれ情報交換をする機会も減っていく。仕事上の不平不満をぶちまけたくても、グチを言う相手と会うこともできない。気がつけば自分ひとりでストレスを抱えてしまう・・・こんな負のスパイラルに陥ってしまいがちです。夢を持って入った飲食業界なのに、多くの若者が短期間のうちに退職する理由の一つは、こういったストレスが原因でもあるのです。

飲食店の正社員は過酷!ブラック企業が多く存在するのも事実

バイトやパート、派遣といった非正規労働者の方々は、とかく正社員が恵まれていると思いがちです。しかし、正社員には非正規労働者とは全く違う責任というのがあるのを、彼らは全く想像していません。不思議なもので非正規の方々は正社員に比べよく体調を崩します。本当がウソか分かりませんが「今日具合が悪いので」という理由でシフトに穴を開けた場合、それを埋めるのは他ならぬ社員です。

それ以外にも365日24時間営業の店ならば、年末年始やお盆などに人手が足りないと信じられない長時間労働でシフトに入らなくてはならない。それが社員の辛さです。多少の体調不良でも、出勤しなくてはならないそれが正社員なのです。

では、ちゃんと残業代や休日出勤手当てが出てるのかと言えば、皆さんの会社はどうでしょうか?もちろん勤め先によって違うでしょうが、業界総ブラックと呼ばれる飲食業界。ちゃんと働いたとおりにお金が出ているケースは少数ではないでしょうか?ブラックバイトなんて言葉を耳にしますが、同じ環境で働く社員だって決して恵まれているわけではないのです。

飲食店で働く上でのストレスを乗り越える為には?

ここまでを振り返ると「絶対に飲食店での接客業なんてやりたくない」と皆が思うでしょう。しかし、飲食店で長年働いている人が居るのもまた事実。そういう方々はどうやって、これらのストレスを乗り越えてきているのでしょうか?

一つは、仕事の中でのささやかな喜びを大切にするという点にあります。接客業では嫌なお客も居ますが、いいお客様が居るのもまた事実です。店や料理、接客を褒めてくれる方に出会えば、それだけで疲れも吹っ飛んでしまいます。

またプロポーズや大切なデートなど、人生の節目のお手伝いをする機会があるのも飲食店ならではの喜びです。その人の一生の思い出なる瞬間に立ち会い、役立てる仕事というのは少ないもの。そこに喜びを見出せば、嫌なことや辛さなどを乗り越えられるはずです。

今までの頑張りが報われる瞬間もくる!

飲食店で働く人々の大きな特徴は、将来独立できるという点です。例えば普通の会社勤めのサラリーマンが、自分で起業して何かビジネスを始めようというのはなかなか大変なものです。

しかし飲食店の場合、厨房を任されている料理人はもちろんホールの接客担当の人間でも独立して店を持つことが可能です。高級レストランなどの場合は、サービススタッフが店をオープンし人気の店となるケースは数多く見受けられます。

今は、組織の歯車の一部でしかなくても、ここを乗り越えてノウハウを身に付ければ、いつかは自分の思い通りの店が経営できる。こんな大きなチャンスをつかむことが出来るのも、飲食店ならではのメリットといえるでしょう。

おわりに

飲食店での接客業というのは、実に様々なストレスが存在するものです。しかしそんな中でも、自分なりの目標や喜びを見出せば、そんな苦しみや悲しみを忘れることが出来てしまいます。辛い事や嫌な事ばかりに目を向けるのではなく、その中で楽しさを見つける視点を持つ。それが出来れば、仕事はもっと楽しくなっていきます!

もし今の会社に将来の価値を見い出せないのなら・・・

仕事内容が合わない、会社の給料・待遇が不満、職場の人間関係が悪い、仕事のスキルアップを図りたいなど、何らかの理由で今の職場で働く事に限界を感じているのなら、今のうちから仕事を変えてみるのも一つの手です。

新感覚転職サイト「ミイダス」

ミイダスは自分の職歴やスキルなど診断に沿ってチェックしていくだけで、今のアナタの評価や立ち位置、また転職後の平均年収や職業などアナタの市場価値を知ることが出来ます。また診断のデータを元に、アナタを必要としている企業を知ることもできます。さらには面接確約にて逆オファー求人が届くのも魅力です。その他にも転職するベストな時期や、どんなキャリアの人がどんな仕事に、どれくらいの年収で転職をしたのか、なども知ることができます。

>>自分の市場価値を無料診断!

大手転職サイト「リクルートエージェント」

リクルートエージェントは、業界トップクラスの転職支援サービスです。専門のアドバイザーがアナタの条件やスキルに合った求人を紹介してくれるだけでなく、面接力向上セミナーや履歴書・職務経歴書の添削もしてくれます。そのため転職成功率も高く、本気で転職を考えている方にピッタリの転職サイトと言えます。公に公表されていない求人が多数ありますので、今より満足できる転職先が見つかるはずです。

>>非公開求人を見るならコチラ

- SPONSORED LINK -

 - 業種・職種について