仕事にまつわる様々な情報を発信しています!

会社で部署異動を言い渡された時に拒否は出来るのか?

   

自分は今配属されている部署が合っていると感じているのに、突然の部署異動を会社から命じられた…。妻子がいるのにも関わらず、何の前触れもなく遠方への部署異動を突然打診されてしまった…。そんな時、雇われている側は異動を拒否する事が出来るのでしょうか?今日は望まない部署異動の拒否についてまとめてみました。

- SPONSORED LINK -

部署異動って断る事が出来るの?

部署異動は妻子を残して遠方に行きたくない、介護している親がいるから異動は無理など、それなりの理由がある場合は断る事が出来る場合もあります。ただ、どうしてもその仕事が出来る人がアナタしかいない場合は、異動先に出向してもらわないと会社が困るといった場合もあるでしょう。

ただし、特別な落ち度も無いのにいきなり有無を言わさず遠方に飛ばされるといった事は、余程ブラックな体質の企業でなければあまり無いかもしれません。大抵部署異動をさせられる少し前くらいに、何かしらの打診や移動先の部署についての話をしてくる企業や上司が多いのです。

これは社風次第ですが、断れる雰囲気ではない会社も存在します。そういった所で部署異動を断った場合は、解雇まではいかないかもしれませんが会社に居づらくなってしまったり、昇進や昇給などの査定に響く事があるでしょう。

また、入る前からある程度求人に転勤を匂わすような事が書かれていたり、面接の時に転勤が出来るかどうかと問われた経験がある職場の場合は、突然の部署異動を勝手にさせられる場合も少なからずあります。

こういった職場の場合は、今回断った所でまた部署異動の話が定期的に浮上してくるため、どうしても嫌なら転職するしかないといった特徴もあり、非常に話が複雑で厄介です。

部署異動は一度異動したら戻れない事も

部署異動の嫌な所は、今働いている部署の人間関係や業務が気に入っていた場合、次に配属された部署で同じように働けるとは限らない所です。下手をすれば今より悪い環境で何年も働かされる事だってあります。

もとの部署に戻れず数年間働かされるばかりか、その部署でそれ以上働きたくなくて転属願いを出しているにも関わらず、その部署から異動させてもらえなくて不満とストレスが溜まる事だってあり得ます。

どうしても今いる部署から異動したく無い場合で、少しは相談や拒否する事が出来そうな余地が残っている場合は、部署異動を打診している上司などにしっかり相談し、あらかじめ希望を伝えておくのが良いでしょう。

部署異動を拒否したらどうなるの?

部署異動の話が持ち上がっても、他に打診されている人が何人もいて、その皆が断っている場合など、比較的ライトに断りやすい社風の所で働いているならば回避できる可能性も高いです。

しかし、有無を言わせないような雰囲気や、本人への打診が無いままにいきなり部署異動を命じられた場合はそれに従うしか無い場合が多いのが実情のようです。そんな会社の場合は部署異動したくないと騒ぎ立てる事で、自らの立場を危うくしてしまったり、会社に居づらい状況を作ってしまう事もあります。

無数にある会社の中には、色々な部署を転々と異動する事で昇進につながっていくような陳腐な企業も存在します。こういう企業の場合、部署異動を拒否した時点で昇進の道が途絶えてしまったり、有事の際はリストラの筆頭候補にすら挙げられてしまう可能性が高いでしょう。

色々な異動の理由

会社内での部署異動の理由は色々あります。人出不足・異動先での技術提供などはその最もたる理由の一つでしょう。ですが、移動先自体が何かしらの問題を抱えている地雷部署である事も多いため、出来れば部署異動したくない…と嘆く人達が多いのもまた事実の一つです。

企業の部署異動の理由は、人出不足や技術提供だけではありません。何の落ち度も無いのに部署異動をさせられてしまう不運な人達もいますが、そうでない場合も多々あります。常に下記のような事に気を付けていないと、望まぬ部署異動を強いられてしまう可能性もあるので注意したいところです。

実は周囲から嫌われている

本人は気付いていないけれど、実は仕事のミスが多かったり仕事が出来なかったりする場合、煙たがられてしまって部署を異動させる候補の一人に選ばれてしまう可能性があります。

また、新入社員などを必要以上にイビリ倒して何人も辞めさせてしまうような、会社にとってあまり好ましくないような人材の場合、リストラ予備軍として遠方の支社などに勝手に部署異動させてしまうような会社もあったりします。

ある程度会社の同じ部署で働いている人達と適切で常識的なコミュニケーションをとれていない場合、ごく稀に部署異動させられてしまう事もありますので注意が必要です。

上司から評価されていない

周りの同僚や後輩からは慕われているのに、なぜか上司に好かれていなかったり、能力を過小評価されてしまっている切ない人が存在します。そういう人も割と部署異動の候補に挙げられてしまう事があるでしょう。

この場合は本人に何の落ち度も無い場合が多いですが、上司に評価されていない以上、新しい異動先に行った方が評価が上がるかもしれません。

おわりに

こちらの都合や家庭環境も考えず、ある日突然言い渡される部署異動に異議を唱えたくなるのは当然の事でしょう。今いる職場が自分に合っていれば尚更の事です。会社の社風やシステムは会社の数だけ存在する為、はっきり断れるとは言えないのが辛い所ですが、色々な事情があって部署異動を拒否したい場合には一度相談してみるのも手だと思われます。

もし今の会社に将来の価値を見い出せないのなら・・・

仕事内容が合わない、会社の給料・待遇が不満、職場の人間関係が悪い、仕事のスキルアップを図りたいなど、何らかの理由で今の職場で働く事に限界を感じているのなら、今のうちから仕事を変えてみるのも一つの手です。

新感覚転職サイト「ミイダス」

ミイダスは自分の職歴やスキルなど診断に沿ってチェックしていくだけで、今のアナタの評価や立ち位置、また転職後の平均年収や職業などアナタの市場価値を知ることが出来ます。また診断のデータを元に、アナタを必要としている企業を知ることもできます。さらには面接確約にて逆オファー求人が届くのも魅力です。その他にも転職するベストな時期や、どんなキャリアの人がどんな仕事に、どれくらいの年収で転職をしたのか、なども知ることができます。

>>自分の市場価値を無料診断!

大手転職サイト「リクルートエージェント」

リクルートエージェントは、業界トップクラスの転職支援サービスです。専門のアドバイザーがアナタの条件やスキルに合った求人を紹介してくれるだけでなく、面接力向上セミナーや履歴書・職務経歴書の添削もしてくれます。そのため転職成功率も高く、本気で転職を考えている方にピッタリの転職サイトと言えます。公に公表されていない求人が多数ありますので、今より満足できる転職先が見つかるはずです。

>>非公開求人を見るならコチラ

- SPONSORED LINK -

 - 異動・転勤