仕事にまつわる様々な情報を発信しています!

職場バレンタイン攻略!ばらまき義理チョコの予算と渡し方

   

もうすぐバレンタインがやってくると、女性は「そろそろかぁ」なんてため息が出ていませんか?本命チョコを選ぶのは楽しいのですが、一番厄介なのは義理チョコですよね。そこで今回は、職場や部署の人にあげる、ばらまきチョコの予算や渡し方についてお話したいと思います。

- SPONSORED LINK -

まずは会社の雰囲気を調べてみよう!

本当に難しいと思うのは、まず女性軍でバレンタインをあげる人が多いのか、少ないのかです。職場で誰もあげていないのに一人で義理チョコをばらまきするのも、周りの女子からひんしゅくを買ってしまいます。まずは、同じ職場の女性陣に義理チョコをあげるのか、聞いてみるといいでしょう。特に自分より年上の女性が多い場合は、必ず聞いたほうがいいです。年齢が若い人が、チョコを配ってしまうと必ず年配の先輩に目を付けられてしまいます。「今年、みなさんあげられますか?」なんて恐る恐る聞いてみましょう。

義理チョコの予算について

次に重要なのは予算ですね。こちらも周りの女性陣と話し合い、金額を合わせるほうが賢明です。自分だけ高価な義理チョコをあげるのは返って女子の敵を増やすことになってしまいます。例えば、一人300円くらいと言われたら、それ以上超えるようなものはやめたほうがいいでしょう。逆に少し低めに設定したほうが、印象は悪くなりません。基本的には聞いた金額の前後くらいの設定のほうが安全だと思います。

ばらまき用には個人包装より個包装

金額が決まれば、なるべく「個人」宛にあげるのではなく、数の多い個包装のものを選ぶと確実です。たまに、金額が安くてもしっかりと包装したものをあげる人がいますが、もらったほうも「お返しを期待しているのかな」など困ってしまう場合もあります。妻帯者の方にあげる場合は、なかにはそのことで夫婦が揉めることもあったり、逆に「気があるのかな」と勘違いしてしまう人もいます。やはり意味深と捕らえられるような「個別包装」は避けるようにしましょう。

おすすめのばらまきチョコ

会社の義理チョコはばらまきが大切です。値段より量があるほうが、気楽にあげることができます。例えばお菓子売り場で売っているチロルチョコや大袋の一粒チョコなどがおすすめです。ただし、普通に市販の状態でそのまま渡すのは、ばらまきチョコと言わんばかりで、さすがに相手に対して失礼ですから、簡易的にラッピングすることをおすすめします。

おすすめのラッピングは、100円ショップで売っているラッピング用の透明の小さい袋に2-3個づつ入れ、最後にリボンで結んで包装して渡すと、見た目もきれいでバレンタインらしく見えます。また何より低予算で大量のばらまきチョコを用意することができます。チョコが苦手な人がいる職場なら、チョコの代わりに、市販のクッキーを2枚程度入れて渡すといいかもしれません。または2種類用意して「お好きな方をどうぞ。」という感じで渡すものいいですよ。

あげるタイミングは必ず合わせる

このタイミング、実は一番重要なところかもしれません。例えば、大量に入っているチョコをばらまくだけと思っていても、会社終わったときに一人ひとりに丁寧にあげてしまうと、相手に勘違いされてしまう場合があります。女性からしたら本当に「そんなわけない!」と思うかもしれませんが、バレンタインデ-にチョコをもらえない男性もいますので、もらえる=自分に気があると勘違いする人がいるのです。

また、社内でその現場を見ていた女子が、楽しそうに話していたりすると「デキているのかな」と勘違いして周りに口外してしまうこともあるのです。たった小さなチョコからトラブルに発展しやすいので、他の女性陣とタイミングを合わして一気にあげる方法が一番安全ですし、誰のチョコか分からないくらいが丁度いいかもしれません。または敢えて大勢がいるタイミングを見計らって、一人ひとりデスクを回って渡すのもおすすめです。

義理チョコを渡す時は手短に

少し冷たいのでは?と思うかもしれませんが、渡すときはあまり込み入った話はしないほうがいいでしょう。たわいの無い会話だったとしても、周りからみて楽しげに親しく見えてしまうため、女性特有の勘違いや嫉妬などトラブルに発展する可能性が実はとても多いのです。渡すときのコツとしては、周りの女子があげだしたら、自分も一緒の流れでサッと渡す。「義理です」と一言いってから渡すのもいいですが、あえて言わずに「どれか一つ取ってください」的な渡し方が一番ベタ-です。そのときに話かけられても長々話すのは禁物です。イベントとして渡すのですから、そんなに渡す相手に気を使わなくても大丈夫です。

義理チョコのお返しは無いものと考える

例え、周りにお返し目的で渡している女子がいたとしても、惑わされないようにします。その人がそこそこいい物をあげているのに、自分は低予算で色気のないものをあげたらどうかなと気になるところですが、そこは割り切ってください。本命チョコでない限り、義理チョコのお返しはほとんどありません。特に職場の公で渡すチョコは男性のほうも「本命」だと思う人は少ないです。基本はお返しがないものと思って、割り切って渡すほうがイベントとして楽しめます。たまにお返しがある場合があったら、オ-バ-に喜ばないほうがいいです。相手に勘違いされてしまう原因となります。

おわりに

いかがでしたかバレンタインは「義理チョコ、めんどくさいな」と思って気が重くなってしまいますが、少し趣向を変えてみたり、簡単包装を自分でしたりすると、低予算で大量に作れるので面白いですよ。人数が多い場合は数を作ってばらまきすれば、個人包装の予算が上がることを考えると気も楽ですよね。職場で働く以上は、そつなくこなして賢く乗り切るのがいいかもしれませんね。

もし今の会社に将来の価値を見い出せないのなら・・・

仕事内容が合わない、会社の給料・待遇が不満、職場の人間関係が悪い、仕事のスキルアップを図りたいなど、何らかの理由で今の職場で働く事に限界を感じているのなら、今のうちから仕事を変えてみるのも一つの手です。

新感覚転職サイト「ミイダス」

ミイダスは自分の職歴やスキルなど診断に沿ってチェックしていくだけで、今のアナタの評価や立ち位置、また転職後の平均年収や職業などアナタの市場価値を知ることが出来ます。また診断のデータを元に、アナタを必要としている企業を知ることもできます。さらには面接確約にて逆オファー求人が届くのも魅力です。その他にも転職するベストな時期や、どんなキャリアの人がどんな仕事に、どれくらいの年収で転職をしたのか、なども知ることができます。

>>自分の市場価値を無料診断!

大手転職サイト「リクルートエージェント」

リクルートエージェントは、業界トップクラスの転職支援サービスです。専門のアドバイザーがアナタの条件やスキルに合った求人を紹介してくれるだけでなく、面接力向上セミナーや履歴書・職務経歴書の添削もしてくれます。そのため転職成功率も高く、本気で転職を考えている方にピッタリの転職サイトと言えます。公に公表されていない求人が多数ありますので、今より満足できる転職先が見つかるはずです。

>>非公開求人を見るならコチラ

- SPONSORED LINK -

 - 飲み会・行事